ピアノを弾く時の手首の使い方

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノを弾く時の手首の使い方

こんにちは、海野真理です。

今回のテーマは「ピアノを弾くときの手首の使い方」というお話です。

手首ってピアノ弾く時に使うものなの?

手首を動かしてはいけません、って子どもの頃先生に言われた。

指でさえいっぱい、手首まで気が回らないわ。

なんてお声も聞こえてきそうですが。

ピアノを弾くというと、やはり皆さん考えられる事は

・指がよく動くこと。

・楽譜が読めること。

このあたりがメインになるのではないでしょうか。

ピアノは実際に鍵盤を叩いているのは指先ですが、
実は指先は氷山の一角?で、指先のもっと深ーいところで
音色を作ったり、強弱のコントロールをしたりしているのです。

疲れるほど長い曲やオクターブ連続などの筋肉ガチガチになるような曲は
手首を上手く使う事で余分な力を逃がし、楽に弾けるようになるのです。

ということからも、とても大切な役割を果たしている「手首」
今回はしっかり考えていきましょう。

ではここで皆さんに試していただきことがあります。

机の上で大丈夫ですので、ピアノを弾く形で手を構えてみてください。

そしてその状態で手首だけ上手に動かせますか?

手首だけですよ!

これは生徒さんにもよくやってもらうのですが、手首、と思っていても
実際は肩が上がってしまったり、手首と一緒にひじが動いてしまったり。

案外手首だけ、って難しいのです。

でもピアノを弾く上での「手首を動かす」ということは、
本当に手首だけ動かすということではありません。

手首が動いて力を抜いたり逃がしたりする時は、ひじも動きますし
肩や肩甲骨の周りも柔軟にする必要があります。

実際、手首だけ上下に動かして弾いてみる、かえって弾きにくいですよね。

でも、手首を自分の意のままに動かすことができることはとても必要です。

ですから手首だけ動かす、というトレーニングは役に立つのでは、と思います。

では良く動く手首になったとして、どのように動かすのがよいのでしょうか?

どう使うか分からずただフニャフニャ動いている、
というのではまた違いますね。

手首の動きは弾く曲の特徴によってかなり違いが出てきます。

しっとりと緩やかな曲をそのような雰囲気で弾くための動きは、
レガートにするため。

ピアニッシモの音など、小さいけれどきちんと芯のある
美しい音を出すため。

など、柔らかさを出すための柔らかい動きになります。

先ほど言いましたオクターブやスタミナを使うような曲を弾く時の動きは、
フォルティシモなどの大きな音を美しく出すため、
叩いたような音にならないためのクッション。

16分音符の連続など、筋肉がガチガチになってしまわないよう
余分な力を逃がす、捨てるため。

とても幅広い跳躍の時など、手首を振ってしっかり移動するため。

など、動きをサポートするための動きになります。

このように上手に手首を使うことで、「こんな音が出したい」と思いながら
なかなかうなくいかなかった事も、かなりやりやすくなるのではないでしょうか。

そして使い方とは少し違うかもしれませんが、初心者の方に良く見られる
手首の下がった構え、鍵盤よりもすごく低い位置にあって、それによって
指の関節がスムーズに動かない、という弾き方をよく見ます。

高すぎ、低すぎなど、手首の位置もとても重要です。

あなたの手首、本当に弾きやすい位置にありますか?

思い通りの音が出るよう、きちんとサポートしている
正しい動きをしていますか?

もう一度確認、チェックしてみてくださいね。

ピアノは少しのことで劇的に弾きやすくなることがたくさんあります。

指番号、脱力、重さのかけ方など。

手首もその中の一つ、大切な要素です。

しっかりいい使い方をして、さらに素敵な音でピアノを
弾いて楽しんでくださいね。


♪ずっと憧れていたピアノ、そろそろチャレンジしてみようかな
♪習いに行くほどじゃなくても、軽く弾けるようになりたいな

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。