ピアノは英才教育?早く始めないとダメ?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノは英才教育?早く始めないとダメ?

こんにちは、海野真理です。

今回は「ピアノは英才教育?早く始めないとダメ?」というお話です。

最近のお子さんの英才教育はすごいですね!

0歳からの習い事もたくさん、いやいや0歳では遅い!

お腹にいる時からもう始まっている、なんてこともあるようです。

実際お腹の中にいる時は、なんにしても技術的な訓練はできませんから、
話しかける、読み聞かせ、音楽をずっと聴かせる、などの
胎教的な訓練ですね。

「お腹の中にいた時からお母さんの弾くピアノを聴いていたもんね~。
音楽、好きだよね。」

という会話を聴きますが、やはり環境というのはその道のプロをつくるのに
必要なことだと思います。

ではピアノ教育っていつからが良いのでしょうか?

早ければ早いほど良いのでしょうか?

きょうはそんな興味深いお話です。

まず、ピアノを始める動機、といいますか目的、目標といいますか、
それは個人でさまざまです。

子どもの習い事として。

情操教育によさそうだから。

CMなどの音楽に合わせて楽しそうに歌っていたから。

近くにピアノ教室があったから。

お友達が通って楽しいと言っていたから。

挙げればきりがありません。

今挙げた理由としては、きっと当事者はお子さん、
それも小さなお子さんではないかと思います。

この場合はかなりの割合で、保護者の方の考え方が含まれています。

「やりたい!」という気持ちがピアノを習う本人の中で芽生える
以前の年齢の方々です。

でも、ピアノを小さい頃からやっている、という大半の方は
ここからのスタートではないでしょうか?

おそらく年齢的に3~4歳くらい。

その頃の記憶さえあやしい年齢です。

さて、ここで思うことは「ピアノ教育は早くないとだめ?」ということ。

この3~4歳はピアノを始める一番早いくらいの年齢です。

ここでまさか3~4歳のお子さんが、

「ピアノは早く始めないとだめなんだよな、そろそろ始めるか。」

なんて思っていたわけでは絶対ないはずです(笑)。

そして何だかわからず始めて少しずつ楽しさが分かってきて、

「あの曲弾きたい。」
「もっと上手になりたい。」

といった意思が芽生えてき始め、それに伴った努力をし始める。

それが始めてすぐなのか、いつまでもただなんとなくグダグダなのか。

そこからぐん!と差がでてくるのでは?と思います。

ではもっと年齢があがってはじめる方々は?

ちいさい頃からの憧れだった。

就職なのでピアノが必要。

子どもが習い始めて、私も始めたくなった。

子どもが以前弾いていたピアノが家になるのでもったいなくて。

老後の趣味に。

このあたりになってくると、始める時にはすでに意思も、
やる気も、目標もあります。

ですから始めてすぐにとても頑張られてぐんぐん上達!
ということはもちろんです。

そうなると

「ん?では早くないと、というのは間違い?」

と思えますね。

実際お子さんと大人ではいろいろな違いがあり、必ずしも
同じラインで考えられない所もあります。

たとえば

お子さんは自分に意思があろうがなかろうが、
やっているうちに体が覚えていく。

そしてそのスピードは大人より遥かに早いです。

そして技術的なものも習得が早く、また子どものころに
覚えた事はいつまでも忘れません。

自転車に乗ることと同じ。

こどもはサッと乗れるようになり、ずっと乗れる。

でも大人から自転車の練習をすると時間がかかる。

大人は「どうしてここが弾けないのか。何ができていなくて何が必要か。」
ということを理論的に考える能力があります。

そして原因が分かれば、それを取り除くための練習方法を考えます。

これはとても重要なことです。

自分で考える、気付くということが大切なのです。

ですから一番の理想は

「子どもの柔軟な頭と体、そして大人並みの冷静さと情熱。」

これがあれば年齢は関係ないかもしれません。

しかし!!これってかなり難しいことです。

こんな立派な3~4歳はいないでしょう!

ですから現実は

「小さい頃はとにかく楽しく!そしてだんだんと自分から自発的に、
考えを持ち行動できるようになること。」

これが目指すところです。

そして、最終的に

プロとして音楽の道に進みたい。

趣味として楽しみたい。

こういった最終目標ははっきりすればそれに合ったレッスンを
受けていくことになると思います。

そして最後に

子どもは天才で、本当にどんどん出来るようになっていきます。

保護者の方々はそばでお子さんの伸びていく様子を見守りながら、
お子さんに合ったピアノ教育、
自分の願いや考えではなく、お子さん自身を見つめながら
二人三脚で頑張っていただきたいと思います。

そしてお子さんの意思を一番に!

頑張りたいのならしっかり応援、サポート。

それがゆくゆくお子さんが大人になっての音楽の接し方に
大きく関係します。

「英才教育」というピアノよりは「生涯のパートナー」となる
音楽教育を楽しんでいただけたら、と思います。

そのためには年齢は関係ないのですね!きっと。


♪今からでも遅くない?それなら、ピアノ弾いてみたいな!
♪子どもと一緒に自分もピアノを弾きたいな

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。