サイレントピアノと電子ピアノの違い

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

サイレントピアノと電子ピアノの違い

こんにちは、海野真理です。

今回のテーマは

「知っていますか?サイレントピアノと電子ピアノの違い」

というお話です。

実は・・・よく分かりません、という方、いらっしゃるのでは?

我が家には昔のアップライトをサイレントピアノにしたものがありました。

残念ながら今は下取りにお願いしてしまって残っていませんが、
防音のレッスン室にするまでは夜中に練習ができ、とても助かりました。

その取り付けも見ましたし、実際に弾きましたし、
サイレントに関してはとても身近に感じます。

サイレントピアノというのは、本来のピアノのアクションに
電子の読み取りを取り付けるものです。

ピアノとは

「弦をハンマーで叩くことで発音する鍵盤楽器で、鍵盤を押すと
連動したハンマーが対応する弦を叩き、音が出る。」
(参考文献ウィキペディアより)

というしくみになっています。

サイレントはこのハンマーの動きを制御し、かわりに鍵盤の動きを
センサーで読みとって電子の音源を鳴らして音を出します。

私はヤマハでお願いしましたが、この音源はホールでヤマハの
グランドピアノ、それもフルコンのものでしたので、
最高にいい音がヘッドホンから聞こえてきました。

アップライトのピアノの下の部分をパカッとあけると、半導体みたいな
プレートが設置されていて、そこへ沢山のコードが集まってきています。

この一つ一つが各鍵盤につながって、信号を受けたり出したりして
いるのかな、なんだかアコースティックなピアノにハイテクが
くっついたみたいで、最初見た時は「おお~~!!」と思いました。

詳しいことは正直良く分からないのですが、演奏者としてサイレントの
感想は、ピアノのタッチがそのまま残っているので、電子の音になっても
とても弾きやすい。

鍵盤の感触、指先の微妙なタッチの加減などがいつもと
同じようにできるということがとても嬉しく、それでいて電子の良い所、
音が消せるということ。

これは今の住宅事情などを考えると、ニーズに合わせて選択でき、
なおかつ限りなくピアノに近い電子楽器のような気がします。

では電子ピアノの構造はどうなっているのでしょうか?

電子ピアノも実はサイレントの構造とほとんど同じで、鍵盤を
打鍵したという情報が(強弱などの微妙なものも感知します)
電子音で再現される、というものです。

ただ、サイレントとの大きな違いは

「弦やハンマーがない」

ということ。

これは結構大きいですね。

というのも、構造は一緒、聴こえてくる音もサンプリングされた
電子音、そうなるとあとはタッチです。

ハンマーの動きを途中で止めてしまってはいるものの、やはり
サイレントはハンマーの動きが感じられるタッチになっていますので、
アコースティック感はしっかり残ります。

ただ、電子ピアノもかなりグランドピアノのタッチを考えた
鍵盤の重さのものなどあり、購入する際に自分の求めるものに
近いタッチ感の楽器を選ぶことが出来ます。

ではサイレントと電子ピアノと、選ぶならどっち?

これはそれぞれのいいところ、あとは何よりご自身が望まれるもの、
条件にあうものでしょうね。

たとえば、

サイレントも家にアップライトがあってあとから付けていただくなら
料金も最初から買うより安い。

実際にサイレント機能着ききのアップライトは50万円を
越えると思います。(中古ならもう少しお安いです)

電子ピアノは新品でももう少しお安いし、重量もお部屋に置く
スペースもかさばらない。

こういったことを考えて、より良いピアノライフを送っていただけたら、
きっとピアノも喜びます!

楽器買ったけど続けられなくて弾かなくなった、というのが
一番楽器が悲しみますね。

どうぞかわいがって上げて下さい!


♪効率よく練習すれば、今からでも弾けるようになる?
♪じゃ、思い切ってピアノを始めてみようかな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。