祝!ピアノDVD第4弾リリース

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

祝!ピアノDVD第4弾リリース

こんにちは、海野真理です。

さて、この度レッスンDVD第4弾がリリースされました!

皆様から「続編は出ないのか?」というお声を沢山いただき、
大変嬉しく、そして励みにしながら選曲、編曲、収録、と
少しずつ進めていき・・・。

ついに、発売となりました!

貴重なご意見をいただきました第1弾からの皆さま、
本当にありがとうございました。

今回はこのDVDと兼ねて、初心者のピアノ勉強法や上達への道のりを
お話していきたいと思います。

まず、今回のDVDは前回の1~3弾から比べると、
「おっと!」と思われるくらいレベルアップしています。

1~3で基本的な知識や指のトレーニングをしっかりされた方々が、
今度は少し難しくても、弾いた、弾けたという手ごたえを
感じられる曲を、と思い選曲も考えました。

もう初級は通り越して中級と言っていいと思います。

ですので、

「昔ちょっと習っていた。」とか

「ずっとピアノ弾いてきたけどしばらく中断、
そろそろ再開したいな。」

という方、ほどよくいいレベルなのでは、と思います。

そしてもちろん!第1弾からコツコツお勉強されてきた方には、

「最初はドレミファソ、しかなかった喜びのうたから始まって、
こんなに指使いも複雑な曲が弾けるようになったんだなあ~~。
感無量!」

と思っていただけること間違いなしです!

私がDVDを作っていて思う事は

「何事も挫折なく続けられること」

です。

どんなにやる気があっても、どんなにいいセンスを持っていても

「続ける」

ことができない、というのは物事の上達を妨げる最大の要因です。

そして、続けられるということは…。

「楽しい」
「好き」

このとても前向きで明るいパワーは、何事も可能にすることが
出来る魔法だと思います。

あなたも、思い出して下さい。

小学校、中学校、高校、大学、社会人、今。

それぞれの時代、何かに没頭した記憶が必ず一つくらいはあるでしょう?

クラブ活動、サークル、何かのコレクション、お菓子作り、などなど。

何でもいいのです。

寝食を忘れて打ちこんだその気持ちの中には

「楽しい」
「好き」

が必ずあると思います。

そうでなければあの暑い校庭での野球や
(高校野球を見ているといつも思います)
苦しい思いをしながらの筋トレ、とてもできるものではありません。

私もたくさん思い当たることがあります。

寝ても覚めてもピアノの時期、吹奏楽をやるために
学校へ行ってた中学、ビデオやDVDを見まくってお稽古頑張ったバレエ、
今はヴァイオリン、オケに夢中。

そして

「楽しい」
「好き」

をさらに確固たるものにするものがもう一つ。

それは

「上達している。」ということです。

どんなに好きで頑張っていても、いつまでも初級ではいつか
物足りなくなる、つまらなくなります。

試合に勝った!
レギュラーになれた!
弾けるようになった!
いい音が出るようになった!
ダイエットなら痩せた!

結果がともなった時にこそ、今までの辛い努力も報われますし、
さらに上を目指す気持ちになれます。

そしておまけのエッセンス

「褒められる」こと。

これはあくまでおまけですが、子どもはもちろん、
大人もほめられたいですよね!

仕事にしても「よくやった。」の一言は嬉しいし、主婦は
「おいしいね。」の一言で毎日の食事作りも楽しくなります。

ですからピアノ学習も

こんな曲弾けたらいいなあ(憧れ)

思い切って始めてみよう!(やる気)

コツコツ基礎から(わかりやすい指導)

楽しくなってきた!(好きになる気持ち)
↓ 
練習いっぱい頑張る(努力、それも苦にならない努力)

弾けるようになった!(上達)

仲間に披露して褒められた。(称賛、次への励み)

ものすごく簡潔に書きましたが、初心者がピアノを始めるに
あたって、とても理想的な図ですね。

このような道筋を通ってピアノを楽しんでもらえたらなあ、
という気持ちでレッスンDVDを作成しました。

是非ともこれをきっかけにピアノの扉を開いてもらえたら嬉しいです。

さあ、あなたも始めませんか!

⇒待望の「30日でマスターするピアノ教本」第4弾はこちら


♪昔ちょっとかじったピアノ、もう一度始めようかな・・・
♪せっかく頑張ったのだから引き続きやってみよう

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。