ポップスで使われるクラシック曲♪

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ポップスで使われるクラシック曲♪

こんにちは、海野真理です。

今回は「ポップスで使われるクラシック曲」というお話です。

CMやドラマ、フッと耳にするBGMなどで「あ、この曲なんだっけ?」と
思うことがよくあります。

そしてどこかで聴いたことのあるアレンジ、
というのもとても多く、

その中でもクラシックの曲をポップス風にアレンジしたものや、
ピアノ曲を管楽器のアンサンブルに編曲したもの、などもあります。

たとえば私のピアノ教本第1弾で使った「ジュピター」も

もともとは組曲「惑星」の中の一曲、木星のスローな美しい部分。
おもいっきりオケの曲です。

その超クラシックの曲を平原綾香さんが歌っていますし、
Sweet Boxはクラシック曲のカバーが多いです。

今の季節、日本では当たり前のように演奏される
ベートーベンの交響曲第九番は

藤澤マサノリさんが「歓喜の歌」という題の曲を歌われています。

しっかり歌詞がついて、曲はあの第九ですがリズミカルに編曲され、
ポップス色が強くなっています。

クラシックの良さとポップスの良さ、これがブレンドされたいい楽曲になっていますね。

ポップスはクラシックにないリズム、表拍と裏拍のとりかたや強弱がちがったり、
またそれがとてもよい躍動感を生み出したりしています。

そしてクラシックのいいところ、これはやはり楽曲として完成されている、

美しいメロディーに伴奏、和音や和声の使い方、
バランスのいい楽器編成といった、

何百年も愛され演奏され続けた理由はそこにある、
という完成度だと思います。

これら二つが融合すると、とても私達の耳に入りやすいというか
なじみやすいものになり、

それだけでなく心にいつまでも残る名曲なのだと思います。

私はクラシックが大好きです。

感動し、涙が浮かび、そして生きる力をクラシックからいただいています。

でもポップスの軽快な感じも大好きです。

他にも音大を卒業し、技術も申し分なくクラシックではない分野で
活躍される方の曲もよく聴きます。

私が大学の頃に活躍された「Gクレフ」さん、今なら「TSUKEMEN」さんでしょうか、
そういったアンサンブルや東京スカパラダイスオーケストラさんもかっこいい!!

吹奏楽に夢中だった私には管楽器のかっこよさはしびれます!

きっと皆様にもお好きな音楽、ジャンルがおありで、
それぞれ自分の心が震えるものだと思います。

音楽とはそういうものです。

そして、クラシックはあまり聴かない、という方も
こうしてポップスに変化!?したクラシックを

とてもいい音楽、と思って聴いていただけるのはとても嬉しいです。

「へえ~、この曲クラシックだったんだ。
もともとはだれが作曲した何て曲?」

と興味をもっていただき、原曲をきいていただければこの上なく嬉しいです。

そして今度は実際に演奏してみたい、ピアノ弾けたらうれしいな、
バンド組んでこの曲のジャズバージョン演奏したいな、

というふうに音楽が広がってくれれば…。

最高です!!

聴いても最高、演奏しても最高、
そんな存在であってほしいですね、音楽♪

いろんなところに溢れている音楽、ぜひ耳に止めて楽しんで下さいね。


♪ポップス曲も練習できますか?
♪私もクラシック曲を弾いてみたいなぁ・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。