曲が全然違うイメージに!編曲のマジック

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > 曲が全然違うイメージに!編曲のマジック

曲が全然違うイメージに!編曲のマジック

こんにちは、海野真理です。

今回は「この曲が全然違うイメージに!~編曲のマジック~」
というお話です。

私たちが楽しんでいる音楽、いろんなジャンルがあり、
いろんな楽器が存在します。

クラシックの分野でいくと、ソロ、デュオ、トリオ、カルテット、室内楽、
オーケストラ、吹奏楽、オペラ、などなど、形態も楽器も様々です。

楽器の種類、数、演奏人数などで音楽はガラリと変わります。

繊細だったり厚みがでたり。

絵画でいうと水彩画と油絵とデッサンと、といった感じでしょうか。

作曲家が何を表現したいか、なにからインスピレーションを感じたか、
などで、ピアノ曲として書いたり、フルオーケストラで書いたり
されているのだと思います。

その作曲家の意思、思いというのは絶対!私たち演奏家はその作曲家、
作品に敬意を持ちながらその作品を心から理解し表現することに
力を注ぎます。

ですから勝手に音を変えたり、手を加えたりすることは
絶対にタブーです。

しかし、編曲というマジックで原曲よりもすばらしい作品が
生まれることがあります。

今回は編曲によって生まれた名曲についてお話します。

編曲とは

「既存の楽曲において主旋律をそのままに、
 それ以外の部分に手を加えて、楽曲に幅を持たせる作業」

の事で、主旋律に手を加える場合は、変奏といいます。
(Wikipediaより)

そしてこの編曲が原曲と違った名作になる、というのは編曲の方法も
とても大きいと思います。

例えば、

1、原曲とは違う楽器編成で演奏をする。
  (ピアノ独奏に作られた曲をオーケストラに編曲するなど。)

2、原曲とは違うジャンルやスタイルで表現する。
  (クラシックをジャズ風にアレンジするなど。)

3、未完成な原曲を完成させる。

などです。

まず1のパターン

もっとも有名なのはムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」
冒頭、トランペットの「ソーファーシードファレードファレー」の
あの有名なメロディーですね。

この曲のオリジナルはピアノ独奏ですが、ラベルが管弦楽用に
編曲しました。

プロムナードのトランペット、不気味な雰囲気のファゴット、
ひよこのフルートピッコロ、そしてキエフの大門のフルオケならではの
ダイナミックさ、打楽器の効果。

演奏効果に富み、こちらのほうが有名くらいになりました。

他にもリストの「ハンガリー狂詩曲」や「メフィストワルツ」、
ラベル「亡き王女へのパヴァ─ヌ、ブラームス「ハンガリー舞曲」

などなど、もっとたくさんの名曲があります。

たくさんの楽器による、音色の変化、表現の幅広さ、圧倒的に
独奏と違う音量など、単一楽器にはない魅力がポイントだと思います。

パターン2

こちらはガラッとイメージ変わる面白さに魅力を感じます。

ショパンの「ノクターン」あの一番有名なノクターンをボサノヴァ風に
編曲してフルートで演奏、というのを聴いたことがあります。

「幻想即興曲」や「革命のエチュード」をエレキギターで、
というものもありました。

楽譜としてきちんと出版されているかは疑問ですが、
(演奏家の即興かもしれません)

これはこれで「へえ~~!」という感激があります。

パターン3

こちらは作曲者が作曲の途中で亡くなった後、弟子が楽曲を完成させる、
ということが多いです。

有名なのはモーツァルトの「レクイエム」。

死者のためのミサ曲そ作曲中に自分自身がなくなるということで、

「彼は死の世界からの使者の依頼で自らのためにレクイエムを
 作曲していたのだ。」

という伝説が流布したそうです。

また、ベートーベンが「交響曲第10番」として
作曲されていたとみられるスケッチが発見された時は騒がれ、
大変話題になりましたが、

結局この曲は断片的なスケッチで終わってしまいました。

ベートーベンの意思を継いだお弟子さんによって完成されていたら、
今頃は演奏会で聴くことができたのかな、と少し残念です。

私たちピアニストは、自分がピアノ曲をお勉強するときには
必ずと言っていいほど他のアレンジがあれば聴きますし、
オケ版がないかな~と探したりします。

最終的に演奏するのはピアノでも、表現の上で参考にしたいからです。

この作業が実は私は大好きで、

「なるほど~、ここは木管楽器のアンサンブルね。」とか

「ここは弦楽器のピチカートのようなスタッカートね。」

と発見があるたびに、自分の表現の幅が広がる気がして楽しいのです。

愛好家として聴かれる方も、一粒で二度おいしい!?気分になれる

「編曲、アレンジ」

どうぞ興味をもっていただいて、聴き比べてみたりされることを
お勧めします。

改めて音楽の素晴らしさを実感できますよ!


♪オーケストラの名曲をピアノアレンジで弾いてみたい
♪好きな曲を自分にも弾けるレベルで弾いてみたい

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。