小さい手でもピアノをしっかり弾きたい!

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

小さい手でもピアノをしっかり弾きたい!


こんにちは、海野真理です。

今回は「小さな手でもしっかり弾きたい!」というお話です。

というのも、ピアノは小さな子供から大人まで、同じ大きさの楽器を
扱いますよね。

ヴァイオリンのように、体に合わせて楽器を選ぶことができません。

ですから当然、年齢、体の大きさ、性別の違いなどで、
手の大きさに差があります。

一度ピアノという楽器をまじまじとよ~~~く見てください。

結構大きいのです。

グランドピアノの鍵盤から向こうの端っこまで、
また鍵盤の一番低い音から高い音まで。

鍵盤においては両手でさわると、しっかり手を伸ばした状態でないと
触れませんよね。

こんなに大きな楽器だということを、あらためて感じますね。

かくゆう私もそんなに大きな手ではありません。

ドからレまで、9度しか弾けません。

ドからミまで、10度の和音を楽々弾いている音大時代の友人(女性)など、
うらやましくて、指をくわえて見ていました(笑)

手は演奏する道具ですから、大きい、ほっこりと厚い、といった手は憧れます。

外国の男性ピアニストの演奏などを聴きますと、もうお手上げ状態。
これはもともとかなわないわ、と思いますね。

しかし!!そうも言ってられません。

だって手は変えられませんから。

自分の手をいかに最大限使っていくかを考えなくてはいけません。

小さいのであれば、開けば良いのです。

背の小さいバスケット選手が、ジャンプ力でそのハンデをカバーするように、
しっかり音を掴めるよう、開く手をつくりましょう。

ではどうするか?

指の間のストレッチは、依然お悩みコーナーで書きましたね。
これは大人も、もちろん子供にも良いと思います。

それから、指だけでなく、手のひらもしっかり使っていきましょう。

アメのつかみ取りを想像してみましょう。

手の平からしっかり開きますよね。

そんな感じで音の一つ一つをつかみ取るように、でも決して力を入れすぎず、
のびやかに使ってみてください。

余分な力がかかれば、せっかく開いた手でも、オクターブや重音は
弾きにくくなってしまいます。

学生の頃、レッスンで「よく伸びる指をしているわね。」と
言われたことがありました。

その時は何のことだかよく分からなかったのですが、きっと縮こまらず、
素直に打鍵できていたのではないかと思います。

のびやかであること、これは指も心も同じですね。

ピアノを弾くからには、かっこよく和音を弾きたい、オクターブで
迫力満点の演奏がしたい、当然思います。

それがピアノの醍醐味でもあります。

大丈夫、あなたも弾けますよ!

だって私が弾けるのですから!!



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。