ピアノは誰だって弾ける!と思ったお話

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > ピアノは誰だって弾ける!と思ったお話

ピアノは誰だって弾ける!と思ったお話

先日、youtubeで生まれつき指がない方のピアノ演奏を聴きました。

※こちらからご覧いただけます。

最初は「すごい!」と思って聴いていましたが、だんだんと
弾けることへの驚きから、じわ~っとした感動に
変わってきました。

そしていろんなことを考えました。

そんなことから、今日のお話は

「ピアノは誰だって弾ける!と思ったお話」

です。

まず、ピアノという楽器を考えた時、誰がどう考えても
「指で鍵盤を抑える楽器」と思われると思います。

そのために絶対的に必要な指がない、となるとピアノを弾く手段がない、
ということになります。

でもその方は、きちんと鍵盤を打鍵してピアノを
弾いていらっしゃいました。

そう、自分の手の先で。

私たちが考えている指、それにあたる腕の位置、
といったら伝わるでしょうか。

そこできちんとメロディー、伴奏を奏でているのです。

そこで、ハッと思いました。

そうか、指で弾く、という概念自体がおかしいのかもしれない。

「絶対的に必要な指がない、となるとピアノを弾く手段がない、」と
先ほど書きましたが、手段は指以外にもある、ということに
気が付きました。

他にも両腕を失った方が、口で絵筆をくわえて描かれた絵を
見たこともありますし、スポーツなどでも、そういった手段で
競技をされている方がたくさんいらっしゃいます。

そして、私が驚きから感動に変わった理由は、やはり演奏される
音楽、音にありました。

きっとこうしてピアノが弾きたかったんだ、この方は。

そしてここまでになるまでの努力は並大抵ではないはず。

ピアノを弾いている、この瞬間が楽しくて、幸せでたまらない。

こんなことが音に表れているようでした。

だからこそ、じわ~~っとした感動だったのです。

「ピアノは誰にだって弾ける!」という今日の題名、

それは、

「誰にでも自分の表現する音楽ができる」ということです。

両手がバラバラに自由自在に動くようになりたい。

自分で満足のいく演奏がしたい。

絶対にこの曲が弾けるようになりたい。

自分の音楽が誰かのお役に立てるよう、ボランティアで演奏活動したい。

綺麗なドレスを着て、舞台で演奏したい。

ショパンコンクールで一位をとりたい!

それぞれ、自分がやりたい音楽、表現したいことです。

すばらしいじゃないですか!!

どれをとっても間違っていることも、ダメなことも、ひとつもありません。

そのために努力をする、その道を突き進んでいく、それらが音に現れた時、
感動を産むのではないでしょうか。

ああ、私も精いっぱい頑張りたい!とこの演奏を聴いて心から思いました。


♪一生懸命やってみることなら、自分にもできるかも!
♪今からでもピアノに挑戦できるかな?

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。