ピアニストだって本当は歌ってる!

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > ピアニストだって本当は歌ってる!

ピアニストだって本当は歌ってる!

こんにちは、海野真理です。

今回のお話は「ピアニストだって本当は歌ってる!」というお話です。

私は指導していて、横で歌ってあげることもありますが、

「ああ、もっと私が歌が上手ならいいのになあ。。。」

と思ったことがあります。

実際に音程が良いとか、発声とか声の質とか、そんなことではなく、
ニュアンスを上手く伝えてあげることができたら、生徒さんの
ピアノも変わるのではないか、と思うのです。

そうです、ピアノも歌っているのです。

といいますか、すべての楽器の基本は「歌」です。

管楽器も弦楽器も、歌わない楽器はありません。

でも、ピアノの音を出す仕組みと、発声方法は全く違います。

これをどうピアノに移行したらよいのでしょうか?

実際に歌う、ということはどいうことか。

それはフレーズを切れないで一息で演奏できること、
その中の微妙なニュアンスの強弱、そして何より
歌心があるということ。

だから演奏しながら実際歌うこと、演奏しないで歌ってみること、
とても重要です!

オーケストラの練習でも、よく楽器を置いて、各パートを歌ったりします。

そして楽器で演奏すると、とても違う感じで楽器が鳴っているのを
感じたことがあります。

楽器がうたってくれている、という感覚です。

ピアノも全く同じ。

歌わない演奏は、ただの鍵盤を押さえる訓練にしかなりません。

歌いながらの練習、歌ってみてからの演奏、ぜひとも一度は
お試しください。

必ず、何か得るものがあると思います。

そして、歌うことによってまた良いことは、
音楽が自分のものになる感覚です。

歌うことは自分の体を使うことです。

それが一体感を生み出すのではないでしょうか?

一体になる音楽って…。

想像するだけで気持ちよさそうですね!!

是非歌うピアノ、目指してくださいね♪


♪歌うピアノって素敵だな。
♪大好きな名曲をピアノで演奏してみたい!

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。