ピアノの音が気になる

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > ピアノの音が気になる

ピアノの音が気になる

こんにちは、海野真理です。

今回は「ピアノの音が気になる」というお話です。

ピアノの音が気になる、というタイトル、これを見ると

「ピアノの何の音が気になるの?」

と私は思います。

・自分の演奏についての音?

・メンテナンス?調律?

・ご近所さんへの配慮の音?

音、といっても、こんなにいろんな種類があるのだな、
と自分で改めて思いました。

ですので、今回はいろんなお話をちょこちょことするのも楽しいかな、
と思っています。

まずは

・自分の演奏についての音

これは、音が気になる、の段階でもっときれいな音を、とか、
すでに乱暴な弾き方、とか、なにか明確に不満!?
がおありだと思います。

そして、それぞれ解決法は違うのですが、自分の音が気になる、
ということに気付いたこと自体が素晴らしい!!

これは音楽を勉強するにあたって、一番気にしてほしいところなので、
本当にいいところに目を付けた、というところです。

そして、よく自分の音を聴くこと、それが出来ているという
嬉しい結果でもあるので、あとは具体的な課題を克服する
方法を見つけましょう。

自分の出している音に気付く、大変いいことです♪

次に

・メンテナンス、調律

これはもう明らかに原因が分かり、自分では直せない音の気付きだと
思いますので、すぐに調律師さんにご相談しましょう。

いい音で演奏、練習することは、気持ちの問題でとても重要。

私の家のピアノは、この前大改造!?しましたので今も音が定まりません。

一つの音だけ合っていなかったり…。

とーっても嫌な感じではありますが、それだけのために調律師さんに
お願いするのは申し訳なくて(調律師さんは、いつでもどうぞ!
と言ってくださいますが。)何となく悲しい感じで練習しています。

そう思うと、調律、メンテナンスはとっても大切ですね。

さて最後

・ご近所さんへの配慮の音

これは最近もご近所トラブルであったように思いますが、
どんなに美しいクラシックの音楽も気になる方には
ただの騒音、本当に迷惑な音でしかありません。

それを私たち音を出す側は、いつも分かっていないといけないと思います。

そして、大変なトラブルになる前にいろいろと配慮をしましょう。

防音のためにカーテンやじゅうたんを厚手のものにする、とか、
しっかり防音の部屋にするとか(これが一番良い方法だと思います)、
一言ピアノの音についてお隣さんにお断りを申し上げておくとか。

何か工夫するだけでトラブルは防げるのでは、と思います。

気持ちの問題でもありますので、言われたご近所さんの心情も
違うと思いますよ。

弾くほうも、聞く周りの方々も、気持ちよく音楽をやっていきたいですね。

それから、ご近所さんに対しての音、ということでもう一つ。

こちらはトラブル、ということではないのですが、

「練習している音を聴かれるのが恥ずかしい~~。」
という思いがあるようです。

特に大人の方々。

気持ち、わかります~~~!

こんなにたどたどしく弾いているのを聴かれるなんて!

そして「いやあ、毎日ピアノ頑張ってますねぇ~」なんて言われた日には!

恥ずかしくて顔から火が出ます!

そんなあなた。。。

大丈夫です!!堂々と練習しましょう♪

そしてしっかり上達していく様を聴いていただきましょう!

もしくは「そんなに相手は気にしていないさー。」くらいに思いましょう。

微笑ましいご近所さんとのコミュニケーションは素晴らしいです。

これも音楽のなせる業です。

これも楽しい音楽ライフだと思って。

音は楽しい、でもちょっと気にしてあげることが大切。

自分のためにも、他人のためにも。

そして自分の目指す音楽のためにも。

そう思ってピアノ、楽しく頑張りましょうね!



♪私の家のピアノ、だれも弾かないなんてもったいない!
♪ピアノで新しい楽しみが増えたらいいな。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。