音楽は体が勝負!?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

音楽は体が勝負!?


こんにちは。海野真理です。

今回は「音楽は体が勝負!?」というお話です。

あなたが日常生活を送るのに、何が大切って当然「健康」ですよね。

普段何気なくできていることも、体の調子が悪い時はとてもつらかったり、
できなかったり。

そんな時はあらためて健康のありがたさを実感しますね。

先日、バレエのレッスンで首から肩を痛めてしまい、まさに
「首が回らない」状態になってしましました。
(ちょっと意味合いが違う???)

くしゃみもびくびくものですし、車の車庫入れも後ろを振り返れないので
出来ない。趣味のヴァイオリンも、顎ではさめないし弓を持つ右手が
上げ下げできない。

そしてピアノにも影響大!

まずダイナミックなフォルテが大変。

首に響くのです。

私は幸いにも「肩こり」とか「腱しょう炎」とかに悩まされたことが
ないのです。

だから大きな音もあまりしんどくなく弾けていたのですが・・・。

いかに肩や背中、腕の付け根が大切か、よーくわかりました。

そしてそのように支障がでてくると、上半身をかばいながら弾くので、
演奏が固い。

今、ショパンのワルツを練習しているのですが、あの流れるような優雅な
ワルツにならないのです。

これは思った以上に大変な事態です。

そして、改めて思ったこと。

ピアノは指だけで弾くのではない、体全体を使って演奏しているのだ。

脱力も、明確なタッチも、感情を十分に表現するための柔軟性も。

すべてがそろってこそのいい演奏であることがよくわかりました。

音楽家は体力勝負、とずっと思ってきましたが、「体力」と同じように
「体作り」も大切。

スポーツ選手にくらべると、そのあたりの意識が甘かったように思います。

私の尊敬するイチロー選手は、ひと一倍体のメンテナンスに気を
使っていらっしゃるそうです。

故障のない体あってこそ、あの大記録達成につながるのでしょう。

もちろん、ピアノの練習しすぎによって生ずる故障にも
気をつけなくてはいけません。

どんなに頑張っても、弾けなくなると元も子もなくなってしまいますから。

そのために、まず「力まない」「余分な力は抜くこと」「正しい手の形」
「正しい姿勢」これが一番自然に、体に無理をさせずピアノが弾ける方法だと
思います。

あとは、しっかり食べ、しっかり寝て、いつも精神的にすこやかに!

いい音楽は、心身共にいい状態でないと生まれませんからね。



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。