中古ピアノについて 中古ピアノの選び方

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

中古ピアノについて 中古ピアノの選び方


こんにちは、海野真理です。

今回は「中古ピアノ」についてのお話です。

この題材でお話しようと思った経緯は、私のまわりでも
中古を購入される方、お考えの方、結構いらっしゃったからです。

いろいろ質問されることがあったので、きっと他にも悩んでいらっしゃる
方はいるだろうと思いました。

以前メルマガで「ピアノVSキーボード」というお話をさせていただきました。

中古の話には触れなかったのですが、メルマガ愛読者(!?)の方は
読みなおしていただき、初めての方はぜひバックナンバーをチェック
いただければと思います。

バックナンバーはこちら
→ http://archive.mag2.com/0000274388/20081113180000000.html

中古ピアノと新品の違い、それは当然ですが

「自分の手元に届く前に、その楽器を他の方が使用しているか、
使用していないか。」

ということにあります。

まず「使用している、していないによって何が違うか」という点。

1.外見的なもの。

2.中身の痛み方。

3.音の鳴り方。

4.気持ち的なもの。

まず1はやはり使っていると傷がついたり、ツヤがなくなったり
ということがあります。

もちろん、楽器店で商品となるものですから、あまりにもひどいものは
ないと思いますし、ピカピカに磨いて店頭に並びます。

が、新品とくらべるとやはり落ちるものがあるかもしれません。

2.3は、主にハンマー部分のフェルトの摩耗、ピアノ線の痛みなど、
音をだすメカニックな面での痛みです。

柔らかい、かたい、はっきりした、などの音はハンマーが
ピアノ線を叩く時に決まります。

フェルトは使用年月によってそれ自体が薄くかたくなってしまいます。

ですから中古を検討する時は、必ず、必ず自分で音を出してみてください。

こちらもメンテナンスが入っているはずですから、いい状態にあると
思います。ですがご自分の好きな音、気持ちよい音のでる楽器と
めぐり会う為に、耳で音を確かめてください。

4は精神的なものですが、これが案外大きいのです。

「こんなに良い状態なのに、この価格。絶対中古ピアノいい!!」

と思うか。

「こんなに良い状態だけど、 やっぱりピカピカの新しいピアノがいい。」

と思うか。

同じコンディションのピアノでも全く違うものになります。

だって決して安くない買い物、納得しないと買えません。
今一度ご自分の気持ちと向き合ってください。

総合的に考えると、購入される方のニーズに合っていれば
中古ピアノは悪くないと思います。

新品に負けない良い状態にしてくださっていますし、前に使って
いらっしゃった方が愛着をもって大切にされてきたピアノだと
思いますから。

ピアノを始めるにあたってやっぱり必要になってくる楽器。

それを手にされて、ワクワクはやる気持ちで第一歩を
踏み出してくださることを心から願っています!

 



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。