ピアノの詩人ショパンのピアノ曲

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノの詩人ショパンのピアノ曲


こんにちは、海野真理です。

そして・・・。

あけましておめでとうございます!!

2010年の幕開け、三連休も終わり、すっかり普段の生活ですが、
今年も一年、どうぞよろしくお願いいいたします。

さて、新年一回目のメルマガ、テーマは ピアノの詩人 ショパン というお話です。

このメルマガの読者の方々はきっとピアノが大好きだと思います。

ですから「ショパンも大好き!」という方も多いのではないでしょうか。

ショパンは1810年、ポーランドのワルシャワ近郊に生まれ、
パリで1849年に亡くなっています。

ノクターン、ワルツ、マズルカ、ポロネーズ、バラードにエチュード、
ピアノソナタ…。

ショパンは数多くのピアノ曲、または何らかの形でピアノが参加している曲を残しました。

「作曲家ショパンの栄光はピアノの栄光であり、ショパンを
聴くということは、すなわちピアノを聴くということである。」

(ピアノ曲鑑賞辞典 中河原理 編より)

「ショパンの作品はロマン派のピアノにおける伝承の真髄を伝えるものであり、
ピアノという楽器の持つ表現上、技巧上の特質を完璧に生かしている
という点で、他の作曲家の追随を許さない。」

(ニューグローブ世界音楽大辞典より)

この言葉からもわかるように、ショパンは39年という短い生涯を
ピアノと共に生きた作曲家です。

さて、そのショパンのピアノ曲、どれも有名ですが
どんな曲が人気なのでしょう?

とても興味があり調べてみました。

日曜の朝の番組、「題名のない音楽会」で何年か前に
「ショパン人気曲ランキング」というのを放送されていました。

そのランキングを載せてみました。

ショパンの曲

第20位 「夜想曲 第2番 変ホ長調 op.9No.2」
第19位 「マズルカ 第5番 変ロ長調 op7.No.1」
第18位 「ソナタ 第2番 第3楽章 《葬送》」
第17位 「ワルツ 第14番 ホ短調 遺作」
第16位 「スケルツォ 第2番 変ロ短調 op.31」

第15位 「ピアノ協奏曲 第1番 ホ短調 op.11」
第14位 「ワルツ 第9番 変イ長調 op.69No.1《別れのワルツ》」
第13位 「練習曲 第5番 変ト長調 op.10No.5《黒鍵》」
第12位 「ワルツ 第7番 嬰ハ短調 op.64No.2」
第11位 「前奏曲 第7番 イ長調 op.28No.7」(2台ピアノ)

第10位 「前奏曲 第15番 変ニ長調 op.28No.15《雨だれ》」
第9位 「ポロネーズ 第3番 イ長調 op.40No.1《軍隊》」
第8位 「練習曲 第23番 イ短調 op.25No.11《木枯らし》」
第7位 「夜想曲 第20番 嬰ハ短調 遺作」
第6位 「即興曲 第4番 嬰ハ短調 op.66《幻想即興曲》」

第5位 「ワルツ 第6番 変ニ長調 op.64No.1《小犬のワルツ》」
第4位 「ワルツ 第1番 変ホ長調 op.18《華麗なる大円舞曲》」
第3位 「ポロネーズ 第6番変イ長調 op.53《英雄》」
第2位 「練習曲 第12番 ハ短調 op.10No.12《革命》」

錚々たるショパンの曲が並んでいますね。
聴いたことのない曲が見当たらないくらいです。

さあ、そして堂々の一位は・・・。

じゃーーーん!!

★第1位 「練習曲 第3番 ホ長調 op.10No.3《別れの曲》」

「別れの曲」は私が監修いたしました
「30日でマスターするピアノ教本」でも取り上げました。

あの名曲を弾きたい!という教本にまさしくぴったりだと思ったからです。

こうして実際にランキング1位になるくらいですから、やはりショパンは人気なんですね。

そしてクラシック音楽が何百年という時を経た今もなお、
こうして愛される理由、

それは本当にすばらしい音楽だからだと思います。。

良いものは良い!!

(音楽に限りませんが)本物は無条件に心に響きます。

ピアノを弾くからには、いつかはショパン!

今年この夢を叶えてみるのはいかがでしょうか?



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。