ピアノソロ演奏

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノはソロだけ?


ピアノはソロだけ?

こんにちは、海野真理です。

あなたは、ピアノを一人で弾きますか?

「ピアノって一人で弾くものじゃないの?」と思った方。

ぜひ今回の話を知っておいてください。

実は、ピアノも一人=ソロから大人数で演奏するものまで、
色々あるのです。

ピアノという楽器は多様な演奏ができる楽器です。

色々な演奏方法をご紹介します。

まず、ピアノ1台でもソロではないものもあります。

???ですね(笑)

例えば、1台のピアノを2人で弾くこともあるのです。

1台のピアノを2人で弾く場合は、手が4つあります。
当たり前ですが、2×2で4本手がありますね。

ですから、ピアノで言う『4手連弾』という演奏は
1台のピアノを2人で弾くことをさします。

基本的に、同じピアノを2人で弾く事を『連弾』と言います。

モーツアルトの曲の中には『連弾ソナタ』という曲もあり、
初めから2人で弾くことが想定されています。

連弾は一人で弾くよりも、沢山の音を出せますから、
より迫力ある演奏ができると思います。

では、2台のピアノを2人で弾く時は・・・

これは、ピアノデュオとか、ピアノ二重奏、2台ピアノという
言い方をします。

これまた、モーツアルトの曲には、
『2台のピアノのためのピアノソナタ』という曲があります。

それから、ピアノ以外の楽器と一緒に演奏する事も多いです。

バイオリンや、クラリネット、声楽家など。
主役はこれらの楽器で、伴奏という形が多いです。

息を合わせて一体になって演奏をするのもまた楽しいですね。

他にも、アンサンブル(ピアノ+他の楽器)、
ピアノコンチェルト(ピアノ+オーケストラ)

といった「合わせもの」の演奏もあります。

が、基本的にピアノという楽器は「ソロ」、一人で演奏する楽器です。

「ソロ」というのは本当に緊張です。

演奏者は自分一人、舞台に乗るのも一人です。

ですから舞台袖から一歩舞台に足を踏み出したところから、
お客様の視線を一身に浴び、逃げることはできません。

毎回毎回、いろんな思いで舞台にでます。

ある時は「ワクワク」、ある時は「舞台にでたくない」「逃げたい」
ある時は「無事にまた舞台袖に帰ってこれますように・・・」

これから舞台にでて、おじぎして、演奏して
(この演奏の中にいっぱい難関がある。)
またおじぎして帰ってくる。

この作業がとてつもないことに思えて、自分にできるとは
思えない時もあります。

これが「ソロ」の怖さです。

そして練習も当然一人、これまた孤独な作業。

自分と向き合い、出来ないことにいらだちを感じ、焦り、
そしてまた向き合う。

こうして書いているととってもつらい作業のようです。

しかし!!

これらのことすべてが最後には喜びにつながるのです。

つらいと思われる練習も、日々の積み重ねによって少しずつ音楽が
出来上がっていくのはとても大きな喜びです。

自分と向き合って、音楽と向き合って、音楽とともに
成長していけるのも喜び。

また、何より演奏会に足を運んでくださるお客様への喜び、
舞台での幸せな時間を共有できる喜び。

つらいということは本気で取り組んでいるという証拠、
と私は思います。

本気なくして楽しみはないのです。

ちょっと「ピアノ・ソロ」のお話からそれてしまいましたが・・・・。

この「ソロ」を基盤にして、これまた楽しい
アンサンブルの世界が開けます。

ピアノ、そして音楽の世界は無限に広がっていきます。

なんて楽しそう!ワクワクしますね。

そして、音楽仲間でピアノアンサンブル。なんていうのも
また違った楽しみがあると思います。



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。