あの名曲でピアノの指練習!

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

あの名曲でピアノの指練習!


こんにちは、海野真理です。

さて、今回は「あの名曲で指練習!」というお話です。

ピアノの上達に必要不可欠なのが「テクニック的な練習」です。

いくら「こんな風に弾きたい。」「このテンポで弾けたら。。。」
と思っても、それを表現したり可能にする手段である

「テクニック」がなけれればいつまでも実現しません。

一言に「テクニック」といってもいろいろなものがあります。

ゆっくりした曲を美しくレガートに弾くためのテクニック。

指がコロコロとまわるテクニック。

10本の指を独立して弾けるためのテクニック。

左手と右手がおなじように動くようになるテクニック。

などなど。

そしてそれらを習得するための練習はとても大変です。

目的がはっきりしている分、練習パターンが同じなのです。
身につけるためには反復練習が必要。

同じパターンを繰り返し練習、それもとてもやりにくいパターン。。。。

さあ、どうでしょう。

すでに顔が曇った方、いらっしゃいませんか?

ピアノをかじったことがある方ならバイエルと同じくらい有名な曲集、
「ハノン」というものをお聞きになったことがあるでしょう。

この本は徹底してテクニックを身につけるための
いろいろなパターンが載っています。

スケールやアルペジオはもちろん、半音階やオクターブ、
3度、6度、同音連打。。。

書ききれません。

この教本は目的がはっきりしていて、意外にも毎日弾くのが
苦ではありません。

ピアニストのは避けては通れない的な一冊です。

この本は子供用に少し簡単にしたものも出版されています。
ぜひ活用してみてください。

そして同じくテクニック重視のものとして「チェルニー」なども
ご存じでしょうか。

30番から60番まであり、なかなか音楽的な美しい曲もあります。

それでもなんとなくつらい、好きじゃない、しんどい、
と思ってしまうあなた。

ではとっておきの名曲でテクニックの練習というのはいかがですか?

たとえばモーツァルトの「トルコ行進曲」

中間部分のドレドシラシラソ・・・・という部分、

ここはピアニスト泣かせです。

私も何度ゆっくりからリズム変奏から工夫しながら練習したことか・・・。

指をコロコロ回す練習、臨時記号を読む練習、脱力して軽く弾く練習、
たくさんのことができます。

あの有名なピアニスト、フジコヘミングさんが指練習に良いという話を
なさっていたのを以前聞いたことがあります。

この曲なら飽きずに、そして弾けた時の喜び、達成感を
味わいながら練習できそうですね。

また、ベートーベンの「メヌエット」は冒頭から3度の和音、途中には
5度、6度といったいろいろな和音でのレガート演奏が入っています。

和音の上、メロディーをいかに美しく響かせるか、レガートに弾けるか、
かなりのテクニック練習になります。

他にもたくさんたくさんあるのですが、ピアニストにとって
最高に難易度の高い、そして最高傑作といってもいいくらいの
名曲ぞろいのテクニックの曲集が「ショパンエチュード」です。

「別れの曲」「革命のエチュード」「エオリアンハープ」「黒鍵」
「蝶々」「木枯らし」

表題のついた曲すべてが有名ですね。

「え、こんな美しい曲が練習曲!?」とびっくりされた方も
いらっしゃるかもしれませんね。

練習曲っておんなじような音形でもくもくとひたすら練習、
というイメージをお持ちなら、

このショパンエチュードでその概念が全く変わると思います。

ただ、この曲は「テクニックを付けるために弾きましょう。」
といういよりも

「テクニックがないと弾けませんよ。」
という要素のほうが断然強い。

だってめちゃくちゃ難しいですから!

いつか弾きたいこの一曲!という目的にして、そこに到達するために
コツコツがんばる、これも名曲でテクニック練習になりそうな・・・。

目標は高く!

なんてのはいかがですか?


♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。