ピアノ演奏

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

人前でピアノを演奏するということ最終話


こんばんは、海野真理です。

さて、3週に渡ってお話してきました『人前でピアノを演奏するということ』
今回がいよいよ最終話です。

前回までの復習です。

人前でピアノを演奏する際にとても勉強になる大切な項目として
5つを挙げ、それぞれについてお話して参りました。

その5つの項目とは、

1.曲を決める

2.聴かせる日までに、曲を仕上げるための練習をする

3.いい演奏ができるよう集 中、リラックス、いろいろベストな状態にする

4.頑張った!という達成感を味わう

5.「すごいね~」という言葉を励みにする

さて、最終話の今回は残りの4,5の項目についてです。

実は、この2つが一番目標とするところです。

4番の「達成感」

これを味わうためにはここまで、自分の出来ることをすべてやってきたか、
ということが大きなポイントです。

実際、どんなにいい出来であっても、100%納得いく演奏というのは
ほとんどありません。

その時、「もっとああしていれば、こうしていれば、」と
後悔の気持ちがあると、達成感は湧いてこないでしょう。

逆に悪いところばかり気になって、もう人前では演奏したくない、と
マイナスの方向に向いてしまいます。

「私はここまで全力でがんばってきた。 だから、これは今の自分のベストの演奏だ!」

と胸をはって言える。これこそが「達成感」ではないでしょうか。

反省はいっぱいあっていいのです。
反省なくして進歩はありませんから!

そして5番「称賛の言葉をいただく」

これによって、先ほどの「達成感」はさらに確信を得ることになるでしょう。

人間だれでも人から褒められたら素直にうれしいですよね。

桜のマークの「よくできました」というおおきなハンコをポンっ!と
押してもらったような、そして、頑張ってきた努力が報われたような
気持ちになります。

そして「よお~し!今度は今回うまくいかなかったココとココを
バッチリ弾けるようにするぞ。」と、反省点が次回の目標となります。

どうですか?こんなにすばらしいお勉強の場はないでしょ?

自己探求のいい機会にもなります。

一つのことにじっくり向き合う課程で、投げ出したくなる時、
イライラする時、自己嫌悪に陥る時、いろいろあると思います。

その時々の対処の仕方、これまた自分でも発見があります。

自分も気づいていなかった以外なキャラクターが顔を覗かせることも・・・。

さて、たくさんお話してきましたが、「人前でピアノを弾くということ」
とは「自分の可能性への挑戦」であると私は思います。

そしてひとつのことを成し遂げたものにしか得られない、
最高の財産となるでしょう。

さあ、きらびやかなライトの下で華やかに演奏するあなた。

その姿からは、さきほどの舞台袖の不安いっぱいの気持ちは
もうありません。

いままでの努力の上に培われた自信たっぷりの最高の演奏です。

ブラボーーーーーー!!



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。