指を速く動かすには?ピアノの指の動かし方

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

指を速く動かすには?ピアノの指の動かし方

こんにちは、海野真理です。

今回は「指を速く動かすには?」というお話です。

というのも、「どうすれば、指が早く動くようになりますか?」
というお問い合わせを結構いただくからです。

ピアニストの演奏を聴いて、「わあ~、すごい!」と感動する
要素の一つとして『よく動く指』『早いパッセージの超絶技巧』
というものがあると思います。

人間技とは思えない、いえ同じ人間の指とは思えない速さでの演奏、
本当に見とれてしまいます。

私も「あんなに指がよく動いたらどれだけ楽しいだろう。いいな~。」と
今でも思います。

ピアノをお勉強する方々みんなが憧れ、目指すところの「早く動く指作り」

さて、どうすれば・・・。

1に努力、2に努力、3,4、がなくて5に努力。

きっとそれしかないのだろうなあ、という世界ですよね。

確かにコツコツと努力を重ねて、
ある程度の時間をかけなければ難しいでしょう。

ただ、がむしゃらにいつまでも続けていくというのは大変なこと!

きっと挫折もあるでしょうし、楽しいことばかりではないでしょうね。

「何かコツはありませんか・・・。」

よく聞かれることです。

「こうすればあなたも一夜にしてピアニストなみの指に!」

という、すごくありがたいコツはありませんが、
考えてみると絶対可能なことだと思います。

ふと思ったのですが、指ってみなさん必ず動きますよね。

指を指の付け根からぱたぱた動かすこと、当たり前のようにできます。

またPCをとても早く打てる方もいらっしゃるでしょう。

それらはすべて「早く動く指」なのです。

それなら後は「いかにピアノ向きに指を動かすか」
という話だと思います。

キーボードをおさえるという「タッチ」の問題。

一音ずつきちんと「脱力」して弾けるということ。

手の構え方、付け根や間接に無理がある弾き方をしていないか。

これらすべてが指に負荷をかけてしまい、自由に動くはずの指が
動けなくなっていると思います。

これらから指を解放してあげて、ラクに、
そして呼吸をして指を動かしましょう。

早いパッセージで沢山の16分音符などは、つい目の前の音符を
ガシガシ弾きがちです。

そのパッセージのスタートからゴール(!?)までを一息で
呼吸のようにサラサラ~っと弾くようにすると、
自分でも驚くくらいスムーズに早く指が動いてくれます。

これらを「早く指が動くためのコツ」と考えてトライしてください。

あとはもともと動く指を持っているということ。

「私の指は動かないの・・・。」と思わないでくださいね。

そして、原点に戻りますが、コツコツと地道に練習すること。
やっぱり不可欠な「コツ」ですね~。

私も含め、みなさん、頑張りましょう!



♪モーツアルトを自分で弾いてみたい
♪もういい年だけど、ピアノを始めてみたいな

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。