日本人大活躍!国際ピアノコンクール

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

日本人大活躍!国際ピアノコンクール

こんにちは、海野真理です。

先日、新聞をみて「おお~~~!!」という記事を発見しました。

みなさまもうご存知のことと思いますが。

萩原麻未さん(23)が
ジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門日本人初の優勝!

あの有名なマルタ・アルゲリッチさんも
1位を受賞したすごいコンクールです。

思わず記事にかじりついてしまいました。

すごいです!!

同じ日本人として、音楽をする人間として、同じ
広島県人として自分のことのように喜んでしまいました。

そこで、今回のメルマガは
「日本人大活躍!国際ピアノコンクール」というお話です。

現在、ピアノに限らず国内、国際、
本当にたくさんの音楽コンクールがあります。

今や日本人の顔をコンクールで見ないことはないほど、
受ける方、受賞される方、たくさんいらっしゃいます。

私は(当然!)受けたことがないのでリアルに体験していない世界ですが、
友人等の話を聞いていると、音楽の才能、努力だけでは勝ち抜いていけない
本当にシビアなものなのだなあ、と感じます。

まずは書類を送ったり、テープ審査というものがあり、
それにパスすると予選が始まります。

コンクールによっていろいろですが、
大抵は3次予選くらいまであり、
その時点であれだけたくさんいた参加者も、
ファイナルにはせいぜい10人程度。

そこから入選(6位とか8位とかあたりからだと思います)
3,2,1位と決まります。

コンクールってどんな部分で評価されるの?
という質問もよく頂きます。

だってみんなとても綺麗に弾いていて差がわからない。

私も審査基準はわかりません!
(わかっていたら逆にすごい。)

ただ、1次予選は基本的な技術がコンクールレベルに達しているか、
というところ、2次以降は音楽的にも勉強的にも、
いろいろな要素から審査されます。

そしてピアノは3次予選までに当然違う曲を弾くわけで、
ファイナルはコンチェルト、1つのコンクールに20曲くらいは
用意しておかないといけません。

コンクールによっては「リサイタルプログラムを作れ」といったことも
あるらしく、そうなると選曲はとても重要、リサイタルとして
楽しめるよう考えなくてはいけません。

そして予選からファイナルまで2週間くらいありますから、
体調管理は絶対です。

言葉も文化も、そしてこれがかなり大変らしいのですが
食べ物が違う異国で、本当にピアノ以外での気遣いが沢山あるそうです。

ホストファミリーがいて食事のことからピアノ練習まで、
何も心配せずコンクールに打ち込める環境にある場合もありますが、

自分でホテルの手配をし、練習室の確保をし、食事をし、
風邪などひかないように気を付け、いつもの自分の力が全部出せるよう
コンディションを整えるのです。

「頑張って練習してきました!」
「私はこんなに弾けます!」だけではない、

強靭な精神力が必要で、これなくして国際コンクールは
絶対に無理だと思います。

そして15,6歳といった若い方が世界にどんどん出ているということ、
これは本当にすばらしいことです。

国際コンクールとはその国の威信をかけて行われます。、

チャイコフスキーコンクールならロシア、
ショパンコンクールならポーランド、

国の宝である偉大な作曲家の名前がついたコンクール、
その自国の参加者は躍起になって賞をとりにきます。

その中に飛び込んでいくのですから度胸もかなりのもの。
頼もしい限りです。

そしてコンクールで1位をとり、凱旋帰国すれば
どんどん演奏依頼がふえたり、

留学のスカラーシップが与えられたり、
受賞者のガラコンサートがあったり、
本当に行きと帰りでは全く人生が変わっていたりするそうです。

成田で報道陣に囲まれたり!

何にしろ、世界中のつわものたちが競う国際コンクール、
一度は見にいってみたいです。(出るのではありません…)

コンクールの期間はその町中がお祭りのようになるそうです。

参加者を応援し、公開コンクールには観衆があたたかく見守るように
演奏を聴いてくださり、町中が音楽一色になります。

いいなあ~~。

コンクールといえどやはりすばらしい音楽の祭典なのですね。

このような演奏をされた方が1位と受賞し、
たくさんのブラボー!をいただけるわけです。
すばらしい!!

今後もどんな素敵なピアニストさんがコンクールで腕を競われるか、
本当に楽しみです。


♪ピアノを購入して始めてみようかな・・・
♪楽しく弾けるレッスンがいい!

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。