風呂入れして寝る・・・何の歌?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

風呂入れして寝る・・・何の歌?

こんにちは、海野真理です。

いよいよ明日はクリスマスイブですね。

パーティーを企画中の方も、自宅でご家族とゆっくり過ごされる方も
何となく楽しいことの前の日ってワクワクしますよね。

最近は自宅をイルミネーションでデコレートする方も多くて
クリスマスが近づくと街並みも華やかになります。

では今回はクリスマスのお話かというと・・・・

実は、それを通り越して年末の話だったりします。

毎年この時期には、第九のお話をしています。

「昨年も確か・・・」と今調べたら、
あら、『のだめカンタービレ』の話でした(笑)

これも面白かったので、見逃した方は読んでみてください。
バックナンバーはこちら⇒http://bit.ly/hVLtcC

さて、今回のタイトル『風呂入れして寝る』ですが、
何のことやら?と思った方、申し訳ありません。

私が第九の歌詞を聞いて勘違いをしていた内容です。

実際は

Freude,schoner
フロイデ シェーネル

と歌っているようです。

大晦日の夜にやたらと聴くので、

「正月に備えて
  早く子供をお風呂に入れて寝せなさい」

という歌だと思っていました。

こういうちょっとした勘違い、他にも色々あります。

山の音楽家という歌で

♪わたしゃ 音楽家 山の小リス~

という歌詞を

♪わたしゃ 音楽 加山の小リス~

だと思っていました(笑)

加山雄三さんのリスの歌だと思っていたというと、
今でも周囲に唖然とされます。

話がそれましたが、年末によく耳にする第九、
つまりベートーヴェンの交響曲第九番ですが、

歌詞の意味をご存知でしょうか。

とても壮大な歌になっています。

歓喜よ、神々の麗しき霊感よ
天上の楽園の乙女よ
我々は火のように酔いしれて
崇高な汝(歓喜)の聖所に入る

という感じの歌詞で、この曲が『歓喜の歌』といわれるのは、
冒頭部分の歌詞に由来するとも言われています。

荘厳で、朗々と歌われる冒頭は、聴くたびに
何だか襟を正して姿勢をピンとしてしまう感じです。

ぜひあなたも、テレビなどで耳にされたときには
一緒に歌ってみると良いと思います。

ドイツ語にすると

Freude, schoner Gotterfunken,
フロイデ シェーネル ゲッテルフンケン

Tochter aus Elysium
トホテル アウス エリージウム

Wir betreten feuertrunken.
ヴィル ベトレーテン フォイエルトゥルンケン

Himmlische, dein Heiligtum!
ヒムリシェ ダイン ハイリヒトゥム

という歌詞になっています。

ドイツ語なので、『r』の付く音は巻舌にします。
これがまた楽しいです。

フルルルルォイデ~のような出だしです。

すっかり歌の話になってしまっていますが、この曲を
ピアノで弾くのも、とてもステキです。

私が弾いている動画もあります。

興味のある方は見てみてください。
http://www.youtube.com/watch?v=HiRzgLXaZAI

(※音が出るので、スピーカーの音量を調節してから
   アクセスしてくださいね。)

クリスマスにはクリスマスソング、年末には第九、
というように、イベントには音楽が欠かせません。

振り返ると、自分の思い出の中でも音楽ってすごく
インパクトが強いなぁと思います。

青春時代の曲を聞くと、その頃がフラッシュバックします。

「あの時こんなことあったな~」とか。

今年一年を振り返っても、その時々の旬の曲が
自分の中にありました。

音楽って、私たちの生活には欠かせないものだと思います。

その音楽を自分で奏でられる、表現できるということは
とても心地良いことですし、楽しいものです。

あなたもぜひ、楽しくピアノを弾いてくださいね!

そして、来年はピアノでも弾こうかな、という方も大歓迎です!!

ぜひピアノ弾きの仲間入りをしましょう!


♪自分で弾くと、何がそんなに楽しいのでしょうか。
♪緊張するので出来れば一人で弾きたいです。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。