ピアノソナタって曲名じゃないの?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノソナタって曲名じゃないの?

こんにちは、海野真理です。

今日のメルマガは「音楽形式について~ピアノソナタって曲名?~」
というお話です。

クラシック音楽にはいろいろな曲があります。

ピアノ曲や交響曲、オペラのアリアやヴァイオリン曲…。

あげればきりがありません。

その曲には一つ一つ「題」がついています。

その中には明らかに「題名」であるというものと
そうではなさそうだけど、よく聞く「題名」があると思います。

例えば・・・

前者なら「チャイコフスキー作曲、白鳥の湖」とか
「シュトラウス作曲、美しき青きドナウ」とか。

後者は「ベートーベン作曲、交響曲第5番「運命」 」とか
「ピアノソナタ第1番」とか。

今日のお話は後者の「題名のような題名でないような」曲についてです。

一番有名なのが「ピアノソナタ」

「ピアノ」は楽器のピアノ、「ソナタ」は曲名ではなく
「ソナタ形式」を表します。

ソナタ形式???

ソナタ形式とは・・・

古典派時代から20世紀に至る音楽構造のなかで、最も重要な原理。
典型的な形式として、楽章は3つの主要部分に分かれ、「主題提示部」
「展開部」「主題再現部」に分かれる。

というものです。

ソナタ形式をお話すればとても長くなるので、今回は
こういう形式の名前、とお考えください。

ピアノ曲を作曲している作曲家で、
ピアノソナタを一曲も書いていない作曲家はいないでしょう。

ピアノソナタなくしてピアノ曲は語れないのです。

そしてピアノソナタには番号がついていて、その中に
副題がついているものもあります。

ベートーベン作曲の「ピアノソナタ第14番作品27-2<月光>」
など、かの有名な月光ですが、副題がついていると覚えやすかったり、
イメージがつかみやすかったりしますね。

私達弾き手は、どの作曲家の作品であれ、「ピアノソナタ」であれば
ソナタ形式を意識しますし、楽曲研究もそのように進められるので、
題名に「ピアノソナタ第○番」とあるのは嬉しいです。

他にも「曲名じゃないよ、形式だよ」の仲間はたくさんいます。

ワルツ(3拍子の舞曲)、ノクターン(夜想曲)、
マズルカ(ポーランドの舞曲)、バラード(詩)
エチュード(練習曲)など。

それぞれに特徴があり、その形式に則って作曲されています。

ふーん、そうなのか、とうなずいていらっしゃる方、
このようなことはちょっと知っておくと
コンサートやCDなど聴かれる時に役に立ちますよ。

具体的に知らなくても、雰囲気の違いなどでおわかりになると思います。

「私、ピアノソナタって好き。」
「僕はやっぱりショパンのマズルカがいいな。」
「ワルツは優雅で素敵よね。」

なんて会話が飛び交うかもしれませんね。

クラシックが難しい音楽にとらえられてしまうのは、
こうした横文字(!?)のこともあるかもしれません。

しかし、知ってしまえばとても簡単!音楽の世界も広がります。

自分のお気に入りの音楽を、どうぞ探してみてくださいね。



♪音楽って知れば知るほど楽しい!自分でも演奏してみたい。
♪ショパンの曲も弾けますか?

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。