ピアノ線はピアノの生命線!?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノ線はピアノの生命線!?

こんにちは、海野真理です。

今回は【ピアノ線はピアノの生命線!?】というお話です。

ピアニストである私、もっともっとピアノのことを知らなくては、と
いつも常々思うのですが、実際は知らないことばかり。

グランドピアノを覗いてみて、ピアノ線、アクション、ハンマー、
それについているフェルトや小さな小さなパーツたち。

いい音を追求している割には、この子たちの役割をわかっていない。

だめですね・・・。

ヴァイオリニストは当然ですがチューニングを自分でします。

弦が切れればその場でさっと取り換え、弓も金具をとって
バラーンとゆるめてみたり、駒を調正したり。

自分の楽器のメンテナンスは自分でできる、すごいなあ、と思います。

ピアニストは調律師さんという心強い味方がいらっしゃるので、

「もっと柔らかい音がいいな~」
「アイアイサー!」

ってな具合で、すぐ希望通りにしていただけます。

よし、もっとピアノのことを知ろう!と思い、
この張り巡らされているピアノ線に目がとまりました。

「ピアノ線って何から出来てる?
  どうして下の低い音はぐるぐる巻いてある?
  楽器に使うものと普通のものって同じ?違う?」

次から次へと疑問は出てきます。

調べてみました!

まずは「ピアノ線」で検索

炭素鋼という物質で作られた金属線だそうです。

許容応力が高く、金属疲労にも強いことから、
ワイヤーやコイルばねの材料として、工作機械や建設機械など
幅広く利用されています。

楽器用にはミュージックワイヤーというものが使われており、
同じピアノ線でも工業用とは違うようです。

ピアノ線には「弁ばねピアノ線」「ばね用ピアノ線」
「楽器用ピアノ線」があり、通常は“ばね用ピアノ線”のことを
「ピアノ線」と呼んでいるそうです。

ふむふむ、そうか。

やっぱり楽器用と工業用ってちがうのね。

では次は楽器用としてのピアノ線を調べてみよう。

「ピアノ弦」でクリック!

分かったことは、ピアノの弦はミュージックワイヤーと呼ばれる
特殊な鋼線で、ピアノ線の中でもエリートの金属たちなのだそう。

そして、低音域では銅線を巻きつけて太くしています。

この辺りは、ピアノだけではなくギターやバイオリンもそうですね。

低い音のほうが弦が太いです。

というのも弦は、一般に長いほうが豊かな音色になるといわれ、
限られた寸法の中で最長の弦長を確保するために、
弦を何重にもしているのでしょう。

弦はフレームに植えられたチューニングピンで張られていて、
1本あたりの張力は70~80kg重程度。

全弦の張力の合計は20トン重にもなるそうです。

ピアノが現在の音量を出せるようになったのは、この張力に耐えられる
鋼製のミュージックワイヤーと鉄製のフレーム(現在は一体の鋳物)が
使われるようになってからとのこと。

「おお~!!そうだったのか!」

なんだか疑問が一気に晴れた気がする。

そういえばピアノがめまぐるしい発展をとげた背景には、
18世紀イギリスの産業革命での鉄の存在が大きい、
と聞いたことがあります。

昔のピアノはそんなに頑丈ではなかったそうで、
ベートーヴェンは演奏中に、何度もピアノの弦を壊したそうです。

何となく、あの風貌とピアノを破壊する様子・・・。

少し笑ってしまいました。

ピアノは進化を続け、今では
20トンもの力に耐えうる楽器になりました。

そんな先人たちの努力を受けて今楽器を演奏しているんだ、
と思うとちょっとすごいですね。

でもそこで新たな疑問が。

工業用と音楽用、こんなに質も用途も違う2つの線、
なぜ同じように「ピアノ線」と呼ばれるの?

これには理由があり、19世紀後半以降この金属がピアノの弦に
使われたらしく、そこから「ピアノ線」と呼ばれているそうです。

そっか、とても強い金属線だから、ピアノに適しているのですね。

今回のメルマガ、私がとってもいい勉強をさせていただきました。

またこんなメルマガもいいですね。

こうしてピアノのすべてのパーツを理解したら、
もっとピアノを仲良くなれそう!

あらためて「ピアノってすごい!」♪♪♪



♪音楽って知れば知るほど楽しい!自分でも演奏してみたい。
♪ショパンの曲も弾けますか?

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。