ピアノのスラーの弾き方は?

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノのスラーの弾き方は?

こんにちは、海野真理です。

今回はピアノの奏法でとても大切な「スラー」についてお話します。

先日、大人の方のレッスンでスラーのお勉強をしました。

まだ始められて数か月の方ですが、とても意欲的で
どんどん上達なさっています。

その曲は右手2小節にわたるスラーが4回でてきて、
1曲8小節の小さな曲です。

もちろん左手は伴奏系を弾いています。

まず、最初に弾いていただいた時は左手の音が動く時、つい一緒に
右手もついて動いていました。

そうですよね、そうなりますよね、とお声をかけました。

「ええ、わかっているんですが、まだ左右別のことができないんです。
  右のスラーを考えると左手が止まるし、右手は左手につられるし・・・。」

スラーというのは私はとても難しい奏法だと思います。

前回もお話しました「脱力」、それから「指の独立性」、
スラーでくくられているフレーズの「持続性」、

考えなくてはいけないことがたくさんです。

「スラー」の意味を調べると「なめらかに、一息で」という意味の
言葉がでてきます。

この「なめらか」が至難の業です。

音一つ一つをその音価分きちんと伸ばしながら
次の音へ渡していく(=持続性)

その際に今弾いている音の指は鍵盤を押さえることをキープしておき、
次の音を弾く指がきちんと準備でき、つられることなくバトンタッチを
していく(=指の独立性)

その移動の時の「なめらかさ」は手首、ひじなどの完全な
「脱力」無しには難しいです。

まずゆっくり、こんな理論的なことを考えながらフレーズを
さらってみてください。

テンポがはやくても、結局これの繰り返しですから。

そしてスラーは「心で弾く奏法」ではないかと私は思います。

そのフレーズを鼻歌で歌ってみてください。

一つ一つの音をどう持っていきたい、ここはフレーズの山、
ここは終結、そして何より、そのフレーズの「味わい」というものを
お感じになるでしょう。

それはどこで感じますか?

あなたの心ではないでしょうか。

その気持ちに忠実に、音楽を作ってみてください。

先ほどの理論的な練習から得られるテクニックを使って、気持ちよく
演奏できれば一層ピアノが楽しくなるでしょう。

よく子どもの生徒さんのレッスンで「スラーはスラッと」なんて
少し寒い(!?)ギャグのようなことを言います。

でも子供さんは本当に素直。

きちんと笑ってくれたり、そっか!と真剣にとらえてくれます。

そう、ギャグではないんですよ。

本当にスラーはスラッと。 ねっ!



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。