ピアノ初心者の練習法~基礎編~

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

ピアノ初心者の練習法~基礎編~

こんにちは、海野真理です。

今回のテーマは「ピアノ初心者の練習法」です。

練習法、これはピアノに限らず、何事も重要なポイントです。

亀田三兄弟のボクシングは、とてもユニークな練習法で小さいころから
トレーニングしてきた、というのは有名ですね。

そのトレーニング法がユニークなだけではなく、きちんと的を得た
正しいトレーニング法だったからこそ、結果として表れているのでは、
と思います。

特に最初の段階での練習や指導、
これはこの先々を考えてとてもとても重要!

ここで間違っていまうと、変なクセや形を覚えてしまい、
後で直すのにすごく無駄な時間と労力を使います。

今回は基礎の基礎、指の形や姿勢を作るところから
お話していこうと思います。

初心者のレッスンをしていて思うこと、まず、弾こうとする気持ちが
大きくて、無理な形で弾いている、その結果思うように指が動かない、
ということです。

よく「手をまるくして、手のひらに生卵をいれたような形で。
そしてその卵がつぶれないように注意しながら弾く」
というのを聞きます。

ちょっと真似してみました。

うん、決して間違ったことではないかもしれません。

ただ、これはとらえ方によっては、
指の自由がきかなくなってしまうかもしれません。

例えば、手のひらの中の卵を気にしすぎて、カッキーンと固まった手、
そして妙に盛り上がったての状態で指を動かすことになるかも。

手のひらの中の卵はきっと「手がつぶれない」ための言い方
もしくは「手首が下がりすぎない」ためかもしれません。

確かに初心者の方は余分な力が抜けないので、自分でギュッと
手を潰してしまっているところもあります。

「つぶれてはいけない」しかし「カチコチでもいけない」
というのが理想の手の形です。

そうすると、ピアノを弾くためのいい手の形は

「手は自然な形で鍵盤におく。
  ダラッとした状態が関節に余分な力が入らず良い状態です。

 そして指は曲げ過ぎず、指の付け根から自然に伸ばした状態で、
  動かすのは指先ではなく、指の付け根の関節。

 そして自然なカーブをキープし指先に腕の重みをしっかり乗せる。

 手首はいつもやわらかく、力をかけたり抜いたりが自由に
  出来るよう、極上のスプリングのように使う。」

簡単にまとめてもこんなに小難しくなってしまいましたが、
実際にやってみる、見てみるとよくおわかりだと思います。

ピアノを自由に弾く邪魔をしているのは「余分な力」なのです。

本当にゴルフも、野球も、スウィングには脱力が不可欠、
力んではろくなことがありません。

まさにピアノも同じです。

そしてこのベーシックな形をみにつければ、あとはトレーニングで
いくらでも指は動くようになりますし、感情をこめていろいろな
音色を出すことも可能です。

私は自分が弾いていて、ガツガツと手ごたえのある弾き方を
している時は要注意、と思います。

そんな時は大抵音が強いばっかりで、綺麗ではない。

疲れるばかりです。

フッと力を抜き、「こんなにフワフワで大丈夫?音が浮かない?」
というくらいでも、タッチがしっかりしていれば大丈夫。

そんな時はてのひらの感覚がちょっと言葉ではいいにくい
不思議な感覚を覚えます。

そして、その状態で自分が出している音に耳を傾けると、
あら、綺麗な音!

ピアノ自体が鳴って、歌ってくれているいい音が出ていると思います。

「練習法」というお話とは少しずれてしまったかもしれませんが、
基本の構え方、一番大切な脱力ということ、これらをしっかり考えて、
意識して毎日の練習に励んでみてください。

きっといつか「!!この感じ」と思う瞬間があると思います。

楽しいですよ♪



♪目で見て学びたいなぁ。
♪正しい弾き方を知りたい。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

「楽譜が読めない」
「忙しくてレッスンに通えない!」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には名曲が弾ける!!

さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

海野先生の楽しいピアノレッスンを、あなたの自宅へお届けします。

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。