新年の幕開け、ニューイヤーコンサート

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

新年の幕開け、ニューイヤーコンサート

こんにちは、海野真理です。

早いもので2011年最後のメルマガになりました。

前回は時期的な話題で「クリスマスコンサート」についてお話しました。

今回は、今回も?時期的なものでこんどは
「ニューイヤーコンサート」のお話です。

今年を振り返り、そして来年の抱負を語る。

そう、気分は年末から新年へと続いているのです!

ニューイヤーコンサートといえばウィーン・フィルですが、
日本でもニューイヤーコンサートってやってるのでしょうか?

いろいろコンサート情報を集めて見ましたが、
1月上旬に行うコンサートは割と「ニューイヤーコンサート」
と名前がついているものが多いですね。

本当に12月31日から1月1日にかけての
コンサートってあるのかしら???
と思い調べました。

が、さすがに見当たらず。

やはり日本人はゆく年くる年で初詣、なのでしょうか。

そして年をまたいで、ではないのですが1月1,2,3日と行われる
コンサートを見つけました。

サントリーホール ニューイヤー・コンサート2012
ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団
“ウィーンの森の物語”

「サントリーホールの新年の風物詩、ニューイヤー・コンサート。
  名歌手二人の来日とバレエ・パフォーマンス、
  そして指揮者による弾き振りとウィーン・フォルクスオーパー
  交響楽団の華麗な響きが、日本のお正月を彩ります。
  ウィーン郊外に広がる森にインスピレーションを掻き立てられ、
  作曲された数々の名曲をお楽しみください。」

おお~~!まさしくニューーイヤーコンサートです。

そして演目はやはりシュトラウスのワルツやポルカ、
これまたまさしくです。

ニューイヤーは新年を祝う気軽で陽気なコンサートなので、
華やかに音楽とワルツダンス(バレエ)、
そして舞台にはお花もいっぱいです。

そしてこの会場で飾られる美しい花々は1980年以来、
イタリアのサンレーモ市から贈られるのが伝統だそうです。

毎年変わる指揮者は、公式には
「楽団員全員による投票によって決定されている」とされ、
毎年1月2日に次年の指揮者が、楽団の公式ホームページ上で
発表されています。

ちなみに2012年の指揮者はマリス・ヤンソンスです。

指揮者、ソリストが誰なのか、とても関心が強く、日本でいえば
今年の紅白歌合戦の出場歌手はだれ?というのと同じでしょうか?

それくらい年末年始の恒例行事として認識されているのでしょう。

お客様は新年の初めであり会場の観客は正装をしていますが
シャンパンなどいただきながら、楽しい楽しいコンサートです。

お琴の音色もいいけど、こういった音楽で新年を迎えるのもいいですね。

NHKやBSでもコンサート番組がたくさん放送されますので、
チェックしてみてください。

和風もよし、洋風もよし、
みなさんの好みでよい新年をお迎えくださいね!!



♪来年こそは、ピアノを弾けるようになりたい!
♪聴くだけじゃなく自分で演奏してみたいな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

「楽譜が読めない」
「忙しくてレッスンに通えない!」

大丈夫です!
初心者でも一人で30日後には名曲が弾ける!!

さらに!有名な曲でテクニックまで身につける!!

海野先生の楽しいピアノレッスンを、あなたの自宅へお届けします。

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。