結婚祝いのプレゼントにピアノ演奏

ピアノ初心者TOP > 海野先生のコラム一覧 > コラム

結婚祝いのプレゼントにピアノ演奏

こんにちは、海野真理です。

今回は「結婚祝いのプレゼントにピアノ演奏はいかが?」
というお話です。

人生最大のイベント、そして最高におめでたい「結婚」という出来事。

プレゼントはいろいろありますが、こんな時こそ音楽の出番!

心に残るステキな音楽のプレゼントはいかがでしょう?

披露宴には、新郎新婦さんのそれぞれのこだわりが満載で、
それはテーブルのお花やウェルカムボードによく表れています。

それと同時に入場の曲やお色直し、
ご歓談中の音楽などもこだわりが感じられます。

松田聖子ちゃんの大大大ファンだった友人は
全曲すべて聖子ちゃんの歌でした。

これもなかなかすごい。。。

音大の仲間などは、やはりクラシックを選んでいたり、時には
生ピアノでのBGMなんていう贅沢な披露宴もありました。

友人の余興で歌われる曲など、これも新郎新婦が
どんな音楽が好きなのか、ということを考えての選曲もいいですね。
(時には自分の十八番を朗々と歌い上げている
  自己満足的な余興もありますが…。)

最近よく耳にするのはサラ・ブライトマンさんの歌声。

「time to say goodbye」などはもう定番でしょうか?

最近の「坂の上の雲」の主題歌もいいですね。

クラシックだと、やはり題名もめでたい(!?)ので
ピッタリなリストの「愛の夢」、
エルガーの「愛の挨拶」は定番でしょう。

曲は美しいのに、エピソードがめでたくない、
美しいオペラアリアだけど、イタリア語を翻訳してみれば
とんでもないことを歌っている!とか、
なかなか選曲もむずかしいものがあります。

「オ・ミオ・バッビーノ」なども美しく、
「お父さん、この人と結婚させてください。許してくださらなければ
  ベッキオ橋から身を投げて死んでしまいす」という歌詞。

確かに結婚についてお話してるけど、もうすでにお許しをいただいて
披露宴なんだし、ちょっと無茶な脅しをしている歌詞で、
厳密には向いていないのかな?

でもそこまで考えなくてもいいのかも…。

やはり結婚式での曲は短調より長調が好ましいと思います。

この際、歌詞は目をつむっても、曲調、雰囲気重視かもしれませんね。

クラシックの中でもジャンル分けするとしたら・・・。

入場などには金管などのファンファーレ、結婚行進曲など。

歓談中はワルツがいいと思います。ピアノ曲でもオケでも。

バレエの曲も優雅でいいですね。

他に何でもいけるのは讃美歌など。

アメイジンググレイスなどはクラシックなのか讃美歌なのか、
境目がわかりませんが、最高に合いますし、モーツアルトの
「アヴァ・ヴェルム・コルプス」なども素敵です。

・・・話が結婚式のBGMになってしまいました。

でも、こういった曲は良く使われます、というのも少し参考にして
自分からのプレゼント曲を選ばれてみるのもいいかな、と思います。

人様の人生最大のイベントに、自分の音楽が最高の思い出作りの
お役に立てる、ってかなり素敵なことです。

だからこそ、自分にも、相手にも心に残る贈り物をしたいですね。

そしてそのために一生懸命練習したり、いいことがたくさんです。

せっかくですから、ぜひチャレンジしてみてください。

あなたの心が伝わりますよ♪

ハッピーウェディング!



♪娘の結婚式、ピアノ演奏をプレゼントしようかな・・・
♪奥様との結婚記念日のプレゼントに、ピアノはいかが?

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。