楽譜を見ながらピアノを弾けません

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.楽譜を見ながらピアノを弾けません

楽譜をみながら弾けません。楽譜を追っていると手がバラバラになったり、 次の音に指がいきません。かといって指ばかり見ていても、覚えていない曲は ひけません。どうしたらいいでしょうか。

(30代男性 Uさん)

A.

こんにちは。「楽譜を見る」ことと「を弾く」こと、この両方をうまくこなす方法ですね。

これも初心者の方からよくお聞きするお悩みです。

まず、楽譜を見ることは、その曲が弾けるようになる第一段階の作業です。

前にもお話したことがあるように、楽譜にはすべての情報が書かれています。

見ること=知ることです。

知らないこを行うことは、私たちには不可能ではないでしょうか。

知らない街を歩く上で必要な地図ですから。
あとはその地図を理解したら、歩くこと、ピアノでいえば「弾くこと」ですが、
楽譜を見ながらということになると、手がお留守になります。

それでもどちらを見ることを重要視するかと聞かれれば、迷わず「楽譜」とお答えします。

お子さんのレッスンでも、どうしても指にかじりついて弾いている生徒さんがいます。

不安なのですね。

つい、あえて厳しいようですが「手はみないで!」と言います。

というのも、試しに目を閉じて弾いてもらったりすると、これが弾けるのです!

目を閉じると、もう頼るものがなくなってしまいます。

あとは自分の研ぎ澄まされた神経とある程度のカン(距離感)、これに
頼るしかありません。

普段はつい甘えて見てしまっているのだと気付きます。

人間は毎日の繰り返し、反復練習を行ううちに、知らず知らずのうちに
いろんなことが身についています。

隣の鍵盤の感覚、指先の神経、ドミソの和音の手の開き具合、などなど。
ぜひそれを信じて、思い切って指から目を離してみましょう。

出来れば自信になり、それが重なって普通にこなせるようになります。

初めて補助輪なしの自転車に乗れた時とにています。

「絶対持っててね、手を離しちゃだめだよ!。」
「うん、もってるよ、安心して。」

…実はその時すでに手は離されていて、持ってくれていると信じて
乗っている自転車ですが、もう立派に一人で乗っています。

さあ、頑張ってみましょう!



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。