付点音符が苦手です・・・

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.付点音符が苦手です・・・

お悩みQA

Q.付点の音符がとても苦手です。いつも混乱します。
  何か分かりやすい方法はないでしょうか。
  付点が出てくると、あぁ・・・と思って、お手本を何度も聞いて
  覚えてから弾こうとしてしまいます(苦笑)

(30代女性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

符点リズムが苦手、ということですね。

実は符点はとても簡単で楽しいものなのですよ!

符点というのは、符点八分音符と16分音符が手をつないだ形の音譜で、
その2つで1拍になります。

言葉にするととても分かりにくいのですが、音譜で書くと
きっとよーくみかける音譜だと思います。

符点がなくると、きっと音楽はものすごく乏しくなるでしょうね。

というのも符点のリズムというのは躍動感に満ちていて、
その楽曲にワクワク、楽しい感じを与える
活発な動きのリズムだからです。

タッカタッカタッカ…、と言う感じ。

私は子どもの生徒さんに「スキップのリズムだよ。」と言っています。
そしてピアノのイスから降りて、一緒にスキップをします。

そうすると大抵の子どもさんは出来るし、顔がニコニコします。

「今日、レッスンの帰りはスキップで帰ってね。」
なんて冗談も言います。

ですから30代女性さん、符点がでてくると「ああ…」
と思ってしまうというのは、とっても残念!

本当なら「符点だ!」とルンルンしていただきたいですね。

符点のリズムがでてくると、きっと楽譜をみてお勉強のように
解読しようとされているのではないでしょうか。

大人の方ですから理論から入ってしまうことは、
符点に限らずありますね。

もちろん悪いことではないですが、リズムというのはある意味
「ノリ」だったりしますので、いっそのこと、
そういう細かい事は忘れて、体で覚えてしまうのです。

先ほどいいました「タッカタッカ」これを感じながら手でたたく。

口で「タッカタッカ」と言いながら叩くと…、
ほら、もう符点は出来ています。

スキップをしてみてください。

「スキップスキップ」と唱えながらてを叩くのもいいでしょう。
ね、出来ているでしょう。

あとはそのノリを忘れず、楽譜の音譜を見ながら
符点を叩いてみましょう。

それから音へ、鍵盤へ移行していくのです。

左手がつくと難しい。
符点に対しての伴奏形が上手く入らない。

こういったこともあると思いますし、むしろそちらの方が
厄介かもしれません。

でも符点が無理なくできていればあとはタイミングや拍の頭の
意識や、そのようなちょっとしたことで出来るようになります。

符点は楽しいもの、気分が明るくなるリズムです。

どうか暗くならず、得意になって楽しく演奏したいですね!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。