五線を超えた音符を読むのが大変です

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.五線を超えた音符を読むのが大変です

お悩みQA

Q.5線を超えると音符がすらすら読めません。
  覚えるコツはありますか?

(50代 女性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。
 
楽譜を読む、読めるようになる。

このことはピアノ初心者の永遠のテーマ!?ですね。

譜読みに関するご質問、ご相談、本当にたくさん寄せられます。

今日のご質問は加線部分の譜読み、ということで、
さらに難しい譜読みです。

曲がだんだん難しくなると、五線の中では当然収まりきらず、
どちらかといえば高音部も低音部も五線をはみ出て!?の
音域が多くなります。

線が一本ならまだなんとか、これが3本とか5本になると
お手上げです。

が、考えてみてください。

たとえ五線からはみ出ても音符は音符。
特別に難しく感じることはないのです。

音符というのは五線の上にあるからこそドレミになります。

???何をいっているのかしら?と思われましたか?

例えば、真っ白な紙にただ「○」まるを書いても、それは本当に
白いただのまるでしかありません。

そこに五線があり、また音部記号(ト音記号やヘ音記号です)があり、
その上に「○」があれば、五線がら判断して「ド」なのか
「ソ」なのかが決まってきます。

そして白まるだからこれは「全音符」になりますね。

こうして始めて「○」が音となるのです。

「ド~~~」というふうに4拍のばす音になり、
やっと音楽の一部になれるのです。

この五線に浮かんでいる、乗っている○を音にする作業こそが
譜読みです。

そして、五線をはみでて存在する音符は
あくまでもこの五線の延長です。

階段がなくなったからハシゴを継ぎ足しながら
上へのぼっていく感じです。

ですから、線が多くなっても「きゃあ~」と思わず、地道に
五線内にある音譜を読むように一つずつ解読していくしか
ありません。

加線を読むコツ。

それは一番近い加線の音を分かっておく。

例えばト音記号の高いラの音。

五線からはみだした最初の音です。

線が一本、その上に乗っています。

これがラ、と覚えればそれ以上高くなってもラから数えればいい。
線が3本だろうが5本だろうが一本から一つずつ登れば
たいした距離ではありません。

そうしていくうちに二本でド、三本でミ4本でソ、といった感覚が
身に着いてきます。

そして数えなくても絶対に読めるようになります。

そして加線が増えると楽譜が線だらけになりますから
オクターブ上げてください、の8va----こんな記号がついて
五線内に音符が戻ってきます!

私は右手加線の部分の音域がピアノのもっとも美しい音域、
と言ってもいいのでは、と感じます。

透明感があって良く響いて、メロディーが美しく聞こえますよね。

そんな思いで加線の部分を弾いてもらえると、きっと加線苦手、
嫌な意識が少し薄らぐかもしれません。

楽しみながら、譜読みの力をつけていきましょうね♪


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。