片手は弾けるのに、両手は弾けないのです

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.片手は弾けるのに、両手は弾けないのです

お悩みQA

Q.上手く弾けないところを、右手だけ何十回も練習して、弾けるように
  なったので両手で弾こうとしたら、全然弾けません。
  どうしたら弾けるようになりますか?片手なら弾けるんです。

(40代 女性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

弾けないところを一生懸命、とても頑張っていらっしゃいますね!
でも、弾けない…となると悲しくなりますね。

さて、片手なら弾けるのに両手では弾けない、というこですが、
実際にお弾きなっているとことを拝見しないと詳細は分かりませんが、
「全然弾けません」の一言が気になります。

「たどたどしくなる」とか「テンポが凄く遅くなる」とかでしたら
誰にでもあること、とかこれから弾けるようになるための
発展途中だから、ということが考えられますが、「全然弾けない」
というのは何かあるかもしれません。

ピアノの学習というのは、子供でも大人でもすでに導入段階で
両手の訓練をしていきます。

どんなにポツポツと鍵盤を叩くだけの曲でも必ず左右動かしていきます。

それはおそらく、

「両手を均等に訓練するため」
「両手を動かすということが当たり前にできるようになるため。」

ということを前提に考えられたトレーニングだと思います。

「どうして左右の指がそんなにバラバラに動くの?」
と小さい頃よく聞かれました。

でもどうしてかわからないのです。

だってそれは当たり前にできるし、当たり前のことだと思っているから。

3歳4歳というひらがなもまだ書けないくらいから「ドレミ」を
左右10本の指で弾くのです。

それは「三つ子のたましい100まで」の世界、
いちど身につけば忘れません。

ですからあなたの場合、きっと両手で弾く、ということがまだ
自分のものになっていらっしゃらないのではないか、と思います。

考えてみれば小学校の鍵盤ハーモニカなども片手ですよね。

片手なら100%の意識が動いている手に向く、楽譜も一段だけ、
今のところだけを気を付けていればいいのです。

が、両手となるとそうはいきません。

2つの楽譜が存在し、めいめいが自分の音楽をたどっていく。
そうして左右違う音、指づかい、リズムを同時に行う。

もっと厄介なのは「たての線をそろえること」

左右が一つの音楽を奏でているわけですから、ぴったり
合っていないといけません。

こうしたことが、弾くということを少し邪魔しているのでは
ないでしょうか。

何十回も片手練習をされたのですから、十分音はさらえていると思います。
あとはほんの少し感覚を変えてみましょう。

まず、両手を動かすことに意識を持っていきます。

何でもいいです。
たとえば左右でそらに○を書いてみる。

右回り~、左回り~、右は右回り~、左は左回り~、
はいチェンジ~、など。

その時、左右がぴったりおなじ動きにしましょう。

右ばっかり高速回転になったりせず、くるんくるんと
おなじ速さで回します。

こんな簡単なこと、ピアノと結び付くのか分からないことも、
両手の意識のきっかけになります。

そしてそれをだんだん細部に持っていく。

腕回しからひじや手首まわしへ、そして指先へというふうに
末端へ持っていきます。

今日のところはこの導入部分までのお話ですが、
ぜひやってみてください。

やりにくいのは当然聴き腕でないほう(おそらく右利きでいらっしゃると
思うので左)がやりにくい、これも両手が上手くひけない原因です。

意識を両手に、いつもそれを意識してみてくださいね。

頑張ってください!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。