ピアノを弾くと肩がこります・・・

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

ピアノを弾くと肩がこります・・・

お悩みQA

Q.ピアノを弾くと肩が凝ります。姿勢が悪いのでしょうか?
  先生は練習した後、肩こりになりますか?

(50代 よっちゃんさん)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

「肩凝り」そう、「肩凝り!」わかりますぅ~~!

これはピアニストさん、だれでも頷くのではないでしょうか。

パソコンやデスクワークも同じですが、同じ姿勢で集中して
何かをするという作業は、どうしても力が入ります。

ピアノは楽譜を読む作業と、指を動かす作業、ずっと椅子に
座っていることと、ペダルを踏んでいること、これらから
肩凝りと腰痛を言われる方は多いです。

姿勢が悪いかどうかはよっちゃんさんの姿勢を実際にみせて
いただかなくては分かりませんが、頑張るあまり、
ぐっと力が入っていることが大きいと思いますね。

私は何時間も練習してもあまり肩凝りは感じません。

肩凝りというより、精神的に疲れて練習を中断、とか休憩をとる、とか
インターバルを入れます。

長時間同じ姿勢で上半身と下半身の支えになっている
腰のほうが私の場合は痛くなります。

ペダル使いがいろいろ、左足もペダルにかけるので
腰に負担がくるのでしょう。

肩凝りがひどいと練習もテンションさがりますし、何より
練習を続けられないのが嫌ですね。

肩凝りの基本かもしれませんが、

疲れてきたら休憩を入れる。

ぐるぐると腕を回す。
(肩の付け根からしっかり、ロボコンみたいに!)

これらのことを練習中に挟んでみてください。

そして演奏上での注意は、できないことを頑張っている時、
楽譜に追われている時、きっと肩がいつもより上がっていると思います。

試しにずっと肩をあげてみてください。

肩にすごく力を入れ続けていませんか?

というか、ずっと力を入れ続けているから肩があがるのですよね。

この状態でピアノの鍵盤をたたく作業をするのですから、それは辛い!

練習中に、ピアノを楽に弾けているか少し意識してくださいね。


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。