1回目と2回目で指使いが違うのはなぜ?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

1回目と2回目で指使いが違うのはなぜ?

お悩みQA

Q.全く同じ音でも、1回目と2回目で指使いが違うことがあります。
  なぜ同じじゃだめなんでしょうか?

(60代 男性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

今日のご質問を拝見して、まず「何て鋭いご質問!」
と感激いたしました。

そこに気付かれることがとても素晴らしいです。

指使いはピアノを弾くにあたってとても大切で、
とても強い味方です。

ただ、「私ならこの指を使うのになぜわざわざこの指に
変えなきゃいけないの?」と思うこと、多々あります。

指使いは、

次にくる音の都合など、明らかにこのままでは弾けない時に
指くくりや指またぎをするため。
 
強弱をつけたいときに、この指のほうが強く出しやすい、
弱く弾きやすいため。
 
といった理由があります。

1回目と2回目で指使いが違うのは、おそらく後者のほう、
音楽の表現上変えたほうがよかった場合ではないかと思います。

例えば、楽曲にはA-B-Aという作りになっているものが大変多いです。

Aのメロディー、いわゆるテーマ的なメロディーで始まり、
そのあと少し違うメロディーBが出てくる、そして最後はまた
テーマであるAメロディーで締めくくる。

といったパターンです。

この場合、全く同じ楽譜でも、最初に出てくるA部分と、
すべての曲の締めくくりとしてのA部分はやはり表現が
変わってくるのでは、と思います。

最後は柔らかく終わりたい、とかテンポも少しずつ落として
繊細に、とか。

この疑問を解くには、まず指番号通りに弾いてみて、
どんな感じがするか分析?してみてください。

このほうが弾きやすい。

強弱や表現と合っている。

やはり自分にはこっちのほうが弾きやすい。

やりにくい。

などなど。

そしてその思いや条件をふまえて、最終的に自分の指使いを
決定するのも良いと思います。

あとは、明らかにおかしい、というものを見つけたら
それは楽譜出版のミスかもしれません。

時々ありますし、見つけたこともあります。

それに気づくこと、見つけられることも本当に素晴らしいことです。

とてもきちんとお勉強をしている証拠だと思います。

いい演奏ができるのが一番です。

そのために指使い、研究してみてくださいね。


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。