暗譜して練習?練習していくうちに暗譜?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > 暗譜して練習?練習していくうちに暗譜?

暗譜して練習?練習していくうちに暗譜?

お悩みQA

Q.極力暗譜して練習するのと、極力譜面を見ながらの練習は
  どちらが良いのでしょうか?

(40代男性 オグリンさん)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

さて、早速ではありますが質問のお答え、

ズバリ!

「譜面をみながらの練習」

です。

といいますか、これは絶対に見てほしいです!

お子さんにありがちなのですが、ある程度弾けるようになると
楽譜を見ずに練習する、そのほうが鍵盤に100%集中できる
のでしょう。

そして間違った音にも気づかず、スラーやスタッカートもうろ覚え、
その結果フレーズの歌い方もその曲にあったものにならず、
楽譜に記してある楽語も素通り、その結果rit.も a tempoも全くなし、
といった、弾けてる弾けてない以前の演奏になってしまいます。

もちろん舞台では暗譜、本番が近付けば楽譜をとっての練習、
レッスンになります。

が、それまでは死ぬほど楽譜を見てほしい!!

覚えてても見る!ほんとにこれでいい?こういう解釈でいい??
といつも思いながら楽譜を見てほしいです。

楽譜はお宝の宝庫!?ですよ。

例えば同じフレーズでも、二回目に出てくるときは
若干変わっていたり、なんてことを見つけられたりします。

何で?これってミスプリント?
いやいやここにスタッカートがつくことによってはっきりするから、
一回目の時よりこの曲のテーマをしっかり言いたいのかな、とか。

たった一つのスタッカートにこめられた作曲者の意図を
考えながら弾く、楽しいです!

(中には本当にミスの時もありますが。)

楽譜がすべてではない、最終的には自分の音楽を作っていくのですが、
まずは楽譜からくみ取るべきことがたくさんあります。

どうかしっかり楽譜を見てください。

そしていっぱい考えてくださいね。

楽譜大好き!!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。