かっこいいおじぎがしたい!

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > かっこいいおじぎがしたい!

かっこいいおじぎがしたい!

お悩みQA

Q.発表会などでおじぎをするときに、ピアニストの方は
  ピアノに手をかけてたりします。あれかっこいいのですが
  シロウトはしないほうが良いのでしょうか?

(30代 男性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

今日のご質問、案外気になっていながら聞けない質問ですね。

おじぎ、これはいろいろなんですね~。

まず生徒さんのような子どもの舞台の場合。

これは指導されている先生のご意向が強いですね。

普通におじぎする。

お腹のあたりで手を重ねておじぎする。

などなど。

これが正解!は正直ないと思いますが、
見ていて違和感を感じるおじぎはどうかな?と思います。

そして今日のご質問にある「プロのおじぎ」
これもいろいろですね。

実は私もピアノに手を掛けるおじぎ、憧れます。

かっこいいですよね!

でも実際にしたことはないですね。

何故か、というと…。

あのおじぎはとっても上手そうなお辞儀だと思いませんか?

なんだか余裕も感じるし、ピアノとお友達!って感じが出てますね。

その後、演奏が良くなかったら見かけ倒しになってしまいそうで、
ちょっとだけ怖気づいています。。。

おじぎというのは演奏者が、演奏を聴いていただく方への敬意を
表すものだと思います。

それに対して聴く側も、拍手で励ましや期待度を表す、これも礼儀です。

ですから、そんなにタブーはないと思いますので、
自分の気持ちの良いおじぎでいいと思います。

ピアノに手をかけるおじぎ、もちろんプロでなくても
ぜひやってみられてください。

それによって気分が高まって、いい演奏が出来るかもしれません。

私もいつかやってみよう!

自然に気持ちも体も動いてあのおじぎが出来るといいな♪


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。