歌いながら上手く弾くには?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > 歌いながら上手く弾くには?

歌いながら上手く弾くには?

お悩みQA

Q.歌いながら弾くと、歌に伴奏がつられたり、
  逆に伴奏に歌がつられたりします。
  歌いながら弾くときは、バラバラに練習したほうがいいのですか?
  それとも歌いながら練習したほうがいいのでしょうか?

(50代 男性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

歌いながら弾く、いわゆる「弾き語り」ですね。

これはとても高度な技です!

まず、歌に伴奏がつられる、伴奏に歌がつられる、
同時進行しているのでどちらかに合わそうとするあまり
つられることはよくあることですね。

たとえば合唱などでも、ソプラノとアルトがハモる場合、
メロディーのソプラノにアルトがつられます。

アルトの方は、自分がつられていた自覚もなく、
気が付けば「あら、メロディーを歌ってたわ。」
状態なんてこともありますね。

結局は、得意なほうにつられる、もしくはなじみの深い?ほうに
つられる、ということかもしれません。

ピアノの弾き語りの場合を考えると、

声楽の方が弾き語る?と歌のほうに伴奏がつられる。

ピアノの方が弾き語る?と伴奏のほうに歌がつられる。

もしくはつられるのではなく、完全に手が止まったり、
歌えなくなったり、停止状態になるかもしれません。

理想はどちらも同じ力、実力があるということでしょうか。

なかなか難しいですね~~!

なので、おっしゃるとおりバラバラ練習はいいと思います。

ですが、最終的には二つのことを同時に、ということは
避けて通れません(当たり前!?)ので、一緒に練習します。

基本的にそれぞれがきちんとできていれば、合わせよう、
とか拍を考えて、とか思わなくても結果そろいます。

それよりもできなくて、片方に気を取られることのほうが
しんどくなってくると思います。

弾き語りはきっと楽しむため、という要素が大きいと思います。

ですから、練習もどうぞ楽しんで、深刻になりすぎず
頑張っていきましょう!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。