力を抜いてピアノを弾くって?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > 力を抜いてピアノを弾くって?

力を抜いてピアノを弾くって?

お悩みQA

Q.よく先生のお話に脱力というのが出てきますが、
  力を抜いちゃうとピアノが弾けないと思うんです。
  どういうことでしょうか?

(30代男性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

脱力、いつも私は「これが大事!でもとっても難しいのです。」
というお話をしますね。

でも「脱力=フニャフニャ」ではありません。

必要な力、圧力はもちろん残しつつ、いらない力、
力んでいる部分をしっかり抜くのです。

長年ピアノを弾いてきて、正しいタッチは本当にこれに限る!
と思うのですが、確かに力を抜く程度というか、
度合というか、これはどうしても言葉でお伝えするのが難しい所です。

30代男性さんのように「本当に抜いちゃうと弾けないじゃん」
と思われて当たり前だと思います。

私たちは日常、ずっとどこかに力を入れて生活していると思います。

実際に重いものを持つ、という力や、精神的プレッシャーなどから
肩にクッと入ってしまう力。

本当に脱力しているのは寝ているときだけなのかもしれません。
(寝ながらも、歯ぎしりなどで力が入っていることも…。)

意識的に抜こうとしても抜けない、それどころかかえって
緊張してカチカチになってしまう。

なら逆に考えてみるのはどうでしょう?

もともと力の入っていない、楽な状態から、コツン、
と重みをかけて鍵盤を叩いてみる。

叩く、とか弾くとかではなく、落とす、という感じに
近いかもしれません。

力の引き算ではなく、もともとないところに足し算で考えてみる、
そうすれば抜くことで弾けないのでは?という考えも少し見方が
変わってくるかもしれません。

脱力は本当に難しいので、あれこれ考えたり試したりすると思います。

押してもだめなら引いてみな、の考え!?で決して
力を抜くからフニャフニャということではないと思いながら、
しっかり芯のある、そして脱力できているタッチを実感して
もらえたらいなと思います。

この脱力、という技を取得されたら、本当にピアノが楽に、
良く響く音で弾けるようになります。

ぜひぜひ!頑張ってくださいね。


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。