アルペジオをスムーズに弾くには?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > アルペジオをスムーズに弾くには?

アルペジオをスムーズに弾くには?

お悩みQA

Q.スケールとアルペジオを練習していますが、アルペジオの
  黒けんがふえてくると、どうしても外してしまいます。
  どのような練習方法がありますか?
  テンポを速くすると、そうなってしまいます。
  いろいろ試しますがなかなかうまくスムーズにいきません。

(60代 女性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

スケールにアルペジオ、素晴らしいですね。

頑張られています!

ピアニストにとって絶対に避けては通れないこの二つ。

ハノンにもバッチリ載っていますし、逆にこれが楽に弾ける
ようになれば曲を弾くのが数段楽になってきます。

そして、とても大変なことですが全調、頑張っていただきたいです。

長調も短調も、短調なら旋律的短音階と和声的短音階、
ややこしいですが頑張ってほしいです。

それによって当然調号、♯や♭の数が変わってきます。

一つ、二つならまだ余裕あり、4つ目くらいからちょっと辛くなり、
5つ、6つになるともう放り出したくなります。

今日のご相談は「黒鍵が増えた時のミスを減らす」ということですが、
これは黒鍵が増える=外しやすくなるというのは成立しそうで
しないかもしれません。

黒鍵が外れやすい原因としては、

・鍵盤の幅が白鍵よりも狭い

・白鍵のようにきちんと隙間なく並んでいない。

・間隔が均等にない。

こういったことではないかと思います。

白鍵と黒鍵を行ったり来たりする、そこに外す原因が
あるのではないでしょうか。

全部白鍵ならミスは少ない。

全部黒鍵なら…。

これはありえませんが!

次の音がどこの鍵盤なのか、黒鍵に上がるのか隣の白鍵なのかを
分かって準備して弾ければ、ミスは減ると思います。

そのためにゆっくり練習をしてください。

頭をしっかり使ってゆっくりと。

そうすれば、テンポを上げても問題なく弾けると思いますよ。

自然に、今は何調を弾いていて、調号が何個付く、
ということも覚えられるのではないでしょうか。

まさに一石二鳥で曲もよく弾けるようになります。

コツコツですが、頑張って下さいね!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。