左手が右手につられてしまう!

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > 左手が右手につられてしまう!

左手が右手につられてしまう!

お悩みQA

Q.どうしても左手が右手につられてしまいます。
  左右バラバラに練習すると弾けるのに、合わせると弾けません。
  どんな練習をすればいいですか?

(60代 女性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

ピアノは両手で演奏する楽器、そしてその両手は
バラバラの動きをします。

ましてや左手はヘ音記号を読み、右手はト音記号。

なかなかすごいことをしていますよね。

まず、片手では弾けている、ということですから、
きっと少しのことでうまく合わせられると思います。

音楽は、常に進んでいます。

最初の一音を弾いたところから最後の一音を弾くまで、
ここまでずっと進み続けています。

この音楽の流れに自然に乗れるように、右と左を分けて
考えず進めていけるといいと思います。

どうしても両方が動く時、「うっ!」と力んでしまいますし、
その時に流れ、進んでいる感じがなくなってしまいます。

左手が全音符で4拍伸ばしていても、その4拍はじっと
止まっているのではなく、音楽が進んでいます。

その進んだ先、4拍のあとに音が動いたりするので、
そこで止まっていると動き出すのに変な間が出来たり、
力が入ったりしてしまいます。

それが左右が分かれてしまう、その結果両手だと弾けない、
になるのではないでしょうか。

そして、その先に待っている音符や音、リズムを理解して
準備しておかなくてはいけません。

そうでないと、反射神経のみで弾いてしまうことになります。

俊敏に反応するのはとても大変!

リラックスして、流れを止めないで、その流れにうまく乗る、
これで大丈夫です!

そしてある意味、運動的にも脳の活性化ということでも、両手が
違うことをするのはトレーニング、訓練だと思います。

できないことをストレスに考えないで、今とってもいい働きを
している!と思いながら、悩んで練習している時にも、
いい効果が表れていると思ってくださいね。

きっと楽しくなるはず!

応援しています♪


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。