アルペジオが苦手です・・

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > アルペジオが苦手です・・

アルペジオが苦手です・・

お悩みQA

Q.アルペジオが苦手なのですが、良い方法はありますか?

(50代男性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

アルペジオ、という言葉をご存じ、凄いです!

ふつうなら「アルペジオ?スケール??カデンツ???」
となりますよ。

良くお勉強されているのですね!

アルペジオを上手に弾くコツ、それはアルペジオの性質を
まず知りましょう。

アルペジオとは、三度の和音を分散して弾く音階です。

たとえば「ドミソ」の3和音。

和音ならジャン!と一度に押さえて音を出します。

これを「ドミソ~」とバラバラに弾くことがアルペジオです。

そしてアルペジオはただドミソ~では終わらない!

大抵、ドミソドミソドミソドミソドソミドソミドソミ
ドソミドソミド~、と上がって下がっていきます。

ですからまず分散和音の鍵盤を飛ばしながら弾くことを
しっかりやる、ドレミのようにお隣ではないということです。

そしてそれが4回くらい、はしごをかけて上がっていく感じなので、
指をくぐったりまたいだり、つぎはぎ?のようにしていかないと、
絶対に広範囲に及ぶアルペジオは弾けません。

この二つが特徴であり、コツであると思います。

ゆっくり弾いて、幅を指で覚えること、指を返すタイミング、
返しやすい指使いや打鍵の位置。

これらは手の大きさなどで個人差もでてくるものなので、
しっかりと自分でつかんでいきましょう。

そして最大のポイントは

「脱力」

出ました!脱力。

何においてもポイントとなる脱力です。

力が入っては絶対にやりにくいし、ミスはするし、
いいことはありません。

らく~~に弾けるように、最も難しいこととは知っていますが…。

でも、らく~~~に!

アルペジオ、綺麗に弾けると左手の伴奏などがスムーズになりますし、
上級者のような美しいピアノが弾ける一つの要素だと思います。

是非とも頑張ってみてくださいね♪


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。