合奏の伴奏のコツを教えて!

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > 合奏の伴奏のコツを教えて!

合奏の伴奏のコツを教えて!

お悩みQA

Q.合唱の伴奏をやることになったのですが、一人で弾くのと
  違うと思います。何に注意すれば良いでしょうか?

(60代女性 コーラス隊さん)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。
 
合唱の伴奏、素晴らしいですね!

きっと合唱も楽しんでいらっしゃるのでしょうね。

伴奏、なかなか難しい!

伴って奏でる、と書きますからずれたりすると良くないし、
かといってショボショボ弾いてしまうと、歌の魅力を
半減させてしまうし。

合唱もそう、管楽器や弦楽器、声楽のソロもすべてそうですが、
相手の息づかいを感じて、音を聴いて、一緒に表現することが大切です。

ましてや合唱となると、一人とあわせるのとは違いますから、
指揮者、という統率する方がいらっしゃいます。

指揮者をしっかり見る、でも自分の耳も信じる、最終的には
みんなで一つの音楽を作る、というところまで持っていきたいです。

先日、深夜に放送されていた「小澤征爾音楽塾」という
番組がありました。

京都で新しくなったホールでオペラを上映、そのオーケストラが
15歳から27歳の若いメンバー。

そのオケの指導をドキュメントで追った番組です。

いやあ~~、素晴らしかったです。小澤征爾さん!!

この方が指揮をすると音楽が生き生きする、そして本気の指導、
なんて幸せな若者たちでしょう!

そこで小澤征爾さんが繰り返し言われていたこと

「Listen」

聴く、ということ。

ただ弾くのではなく、歌を聴く。

そこが交響曲を演奏するのと、オペラを演奏するのと、
大きな違いだそうです。

まさに伴奏もそうですね、聴く、Listen!です。

これもとてもいい経験です。

頑張って、そして楽しんでくださいね!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。