ピアノのペダル練習法

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.ピアノのペダル練習法

お悩みQA

何とか右手と左手がバラバラに動くようになりました。
今度はペダルが登場してこんがらがっています。
ペダルだけ練習をするのも変だし、良い練習方法を教えてください。

(40代男性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。
ペダルの練習の仕方、ということですが、ペダルはピアノにとって
ピアノの表現力を最大限に生かしてくれる欠かせないアイテム(!?)です。

レガートをよりなめらかにし、音にうるおいを与え、深みのある
フォルティシモを作り出してくれます。

ただ、上手く使わないと大変なことになります!

音は濁り、その結果不明瞭な音楽が出来上がります。
何より、言葉は悪いですが耳障り!

美しくペダルをつけるためには
「音を出したあとから踏む。」
  
もっといえば
「音が出たときにペダルをあげ、瞬時にふむ。」

さらに言えば
「鍵盤を押さえたときにすばやく【あげる、ふむ!】の動作をする」

いかがでしょうか。文章だけでおわかりになりますか?

初心者の方々が陥りやすいのは、音がでた時にペダルを踏んでしまうこと。
音と音がつながらないし、前の音をペダルが拾ってしまって
濁りの原因になります。

ではどうすれば、手と足をずらして弾いたり踏んだりできるのでしょうか。

練習の仕方として、まず足だけでペダルを踏む感覚をおぼえましょう。
  
楽器が変わるとペダルの深さや重さが変わりますので、その確認
という意味でもまず、音を出さないでペコペコと踏んでみてください。

その際気をつけることは、かかとを支点にして一番無理なくスムーズに
踏み変えられるポイントを探すこと。
自然にペダルをつけられるようにします。

そしていよいよ音を出して練習してみましょう。
ひとつの音をぽーーん、と弾いてまずはゆっくり。

音がぽーーん、ペダルをあげる、この作業がきちんと同時に
できているか確認。
 
そしてその後あせらずペダルを踏む、この時に音がきれいに
ペダルに入っているか耳で確認。

そのうち、間隔をせまくしていって、四分音符や八分音符一つ一つに
確実にペダルがつけられるよう、違う音で練習しても音が濁らず
その音だけが美しくペダルに残っているよう、頑張ってみてください。

ペダルは自分の耳が勝負!そして心でつけるものだと教えて
いただきました。

素敵な曲になるよう、上手につけてみてくださいね♪



♪ 私もピアノを始めたいけど、教室に通うのは・・・
♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。