電子ピアノの440Hz(ヘルツ)って何ですか?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.電子ピアノの440Hz(ヘルツ)って何ですか?

お悩みQA

Q.電子ピアノを購入したのですが、設定のところに440Hzとか442Hzとか
   あります。これは何でしょうか?

(30代 男性)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。

電子ピアノご購入おめでとうございます~!
これで思う存分ピアノが楽しめますね。

さて、最近の電子ピアノには沢山の機能が備わっています。
私も音色を変えてみたり、リズム伴奏をつけてみたり、
結構楽しんでいます。

ご質問のHzは「ヘルツ」と読みます。

ヘルツ、と聞かれて「ああ~~!」とピンときた方も
いらっしゃるでしょう。これは音の高さ、ピッチを表す単位です。

楽器には、音を合わせる「チューニング」というものがあります。

一番有名(!?)なのはオーケストラが演奏前にオーボエの
「ラ」の音を出し、管楽器が合わせた後、コンマスが合わせて
弦楽器が合わせる、という場面ではないでしょうか。

この時の高さを表すのが「440Hz 442Hz」というものです。

基本は「440Hz」です。

ですが、少し華やかにしたい時は高めで「442Hz」にしたり、
ということもあるようです。

割と最近は442が多いような…。

たった2Hzの違いですが、これは絶対音感にある方などは、すぐに
どちらが440でどちらが442なのかわかるようですし、
ヴァイオリンの方などは、伴奏に使われるピアノがどちらで
調律されたものか、そしてそれによって若干の音程操作を、
自分の指のほうで出来るようです。すごい!

それくらいピッチというのは大切なのです。

以前、雅楽と合わせるのに、338Hzという設定にしたことがあります。

随分低くて「ひゃあ~~。」と思いましたが、こうして簡単に
チューニングができるってすごいなあ~と感心しました。

アコースティックピアノであれば調律でなおさなくてはいけないので
大仕事です。

電子ピアノの長所として、せっかくついている機能ですから、
一度440と442をぜひ聴き比べてみてください。

一曲弾いてみられたら違いが分かるのではないでしょうか。

そして「私は442が好き!」と思われたら442の設定にして
電子ピアノ使われてもいいと思います。

こういう楽しみ方もいいですね。
ピアノライフ、頑張って下さい。


♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。