息子が楽譜を読んでくれません・・・

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.息子が楽譜を読んでくれません・・・

お悩みQA

Q.息子がなかなか楽譜を読めるようになりません。
今は簡単な曲なので本人は覚えて弾いてしまっており、楽譜を
読もうという気持ちも余り無いようです。

どうすれば楽譜に興味を持ってドレミを読めるように なりますか?

(30代 おっくんのママ)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。
よくお気持ちはわかります!

私も初見のレッスンで、生徒さんが本当に楽譜を見ないことに
驚いたことがあります。

家で練習してきた曲なら「覚えちゃったのね」と思うのですが、
今日、たった何秒か前にはじめて弾いた曲なのに!

生徒さんは楽譜よりも、自分の耳を頼っているのです。

最初の一回は、そうは言っても仕方ないので(!?)楽譜をみます。

でも一度音が鳴ってしまえば、あとは鍵盤でさっきの音を探すのです。

これはある意味すごい能力で、いわゆる「耳がいい」
「耳コピができる」ということなのですが、私はこの練習では
いつか限界がくるのでは、と思っています。

たとえばベートーベンのピアノソナタなど、完全に聴いただけて
音をとれますか?

そう思うとピアニストの辻井さんは何てすごいんだろう!
と思ってしまいます。

楽譜に興味を持つのは、正直もう少し先、音楽自体に
興味がわかないと難しいかもしれません。

楽譜から多くの情報を引き出す、その作業が楽しいと思えないと、
死ぬほど楽譜をみて研究するということまでいかないからです。

それでも3~4歳というとても低い年齢からピアノを始めた
生徒さんでも、4分音符は「たん」二分音符は「たーあー」と
暗号?のような音譜に興味を持ってくれます。

手を叩いたりすることで、リズムが出来上がるのが楽しいと
思ってくれているのではないでしょうか。

それと同じように、ただの紙に並んでいる黒い丸や白い丸が、
音の高い低いになって、タンタタタン、タータタン、などの
リズムになり、メロディーができ、伴奏があり、
あ、こんなところに強くというフォルテが書いてある、とか、
一つ一つがそろって音楽になる楽しさが分かると、
自分で見つけてみようと思ってくれると思います。

「ちがうでしょ!ここはミ。あ~そこは二つのばして。
なんで楽譜みないの!」
となってくると、お子さんの眉間にしわが・・・。

なんてめんどくさい、と思ってしまうでしょう。

といいながら私もレッスンでつい出てしまう言葉ではありますが。

あらためて楽譜の端っこ、一番最初から見てください。
まず何が書いてありますか?

ト音記号があり調合、♯や♭がいつくかついて、
次は○分の○拍子、その上にはモデラートやアレグロ、
速度記号があります。

マエスト─ソやカンタービレといった表現の記号の時もあります。

そしてはじめて最初の音です。

ここから終始線までなが~い音楽の旅です。
よく地図をみて、迷わないように!

こんなアプローチも楽しいかもしれませんね。

小さい年齢なら、すぐに楽譜に目がいくようになります。
鍵盤をみないと不安で弾けない気持ちは、大人の方が
強いかもしれません。

楽しいこと、それが一番の興味です。
楽しんで頑張ってくださいね!

 


♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。