ビートってなんですか?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.ビートってなんですか?

お悩みQA

Q.ピアノ教材3弾で練習しています。
長年の疑問に是非答えてもらいたく、海野先生に質問します。
ポップスやロックで、リズムが8ビートや16ビートなどと耳にしますが、
ビートとは何者ですか?
ビートはピアノの演奏にも関係するものでしょうか?
お答えをお待ちしています。

(ペンネーム:アキさん)

A.

こんにちは、ご質問ありがとうございます。
今回は「ビート」についてですが、よく「ビートのきいた演奏」
なんていういい方をロックなので聞かれたことはありませんか?

私は子どもの頃、その言葉を聞くたびに分からないなりにも

「かっこいい」
「切れがある」
「ノリノリ」

などのイメージを持っていました。

では「ビート」って何?

いい疑問ですね。

音楽の3要素「メロディー」「リズム」「ハーモニー」
その中の「リズム」を強調したもの、リズム感や拍感、拍子、
といったものを「ビート」といいます。

クラシックというより、ポップスなどで良く聞く言葉ですね。

そもそもリズムというのは、音楽に躍動感を与えるものだと思います。

その躍動するものを強調するわけですから、先ほどのお話の
「ノリノリ」とか「切れ」とか「かっこいい」に直結するわけです。

そして拍感を考えると自然とあるべきところにアクセントが
つきますし、音楽がドンドン前へ進んでいく感じがすると思います。

では8ビート、16ビートとは?

まず、8ビートとは、4分の4拍子のなかで8回リズムを刻むこと。

1、2、3、4、という拍で「タタタタタタタタ」

言葉で書くと???なのですが、実際やてみると良く分かります。
口で「1,2,3,4、」といいながら1の時に「タタ」と
2回叩きます。2、3,4、も同様に。

楽譜にすると八分音符で書かれます。

16ビートはそれが8回ではなく16回になります。

当然刻みも細かくなりますから、
1の時4回「タタタタ」と叩きます。

これが8、16ビートです。

本当に実際叩いてご説明できれば一目瞭然なのですが…。

分かっていただけましたでしょうか?

ビートはその音楽の心臓の鼓動のようで、それが止まってしまうと
音楽も止まってしまいます。

いつもビートを感じて、ビートをきかせた
熱い音楽を楽しんでくださいね!


♪ 軽く趣味程度でピアノを習いたいのだけど・・・
♪ ピアノ初心者でも大丈夫かな・・・

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。