曲のイメージって、自由に決められるの?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.曲のイメージって、自由に決められるの?

お悩みQA

Q.曲のイメージは自由に作っても良いのでしょうか?
私が「のどかな昼下がり」とイメージした曲が、
実は「夕暮れ時」の曲だと知ってショックでした。
これは作曲者の意図に合わせるべきなのでしょうか?

(50代 女性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。

今回のご質問、とても共感するところがあり、思わず
にっこりしてしまいました!
曲のイメージ、これは人によってさまざまですよね。

「のどかな昼下がり」と「夕暮れ時」、
確かにどちらもまったりした感じがします。
 
音楽に限らず、人はそれぞれ。
個々の性格、考え方、好み、顔立ち、何一つ同じものはありません。

それと同じように、音楽を聴いて感じるもの、イメージするものも
同じとは限りません。
 
それは作り手と聴き手にも言えることです。

作曲者はこんなイメージでも、とらえる側では独自のものに変化します。
作曲者と演奏者が同じでない限り、それは必ず起こりうることです。

例えば、ベートーベンのピアノソナタ「月光」
 
この曲を聴けば、誰でも題名の通り、しんしんと輝く
月の光を思い浮かべるでしょう。

 
ですがこの曲はベートーベンが月光いう表題をつけたわけではなく、
「幻想曲風ソナタ」というタイトルを持っています。

詩人レルシュタープが「レマン湖の水面に揺れ動く月の光のようだ」
と語ったことから「月光」の愛称で知られていますが、
これは作曲されてからずっと後の話です。

作曲者がその曲を作る時に感銘をうけた絵や詩など、はっきり
残されているものは弾く手も想像しやすく、イメージも作曲者のものと
近いものを持てるでしょう。

確かに突拍子もないくらいかけ離れたイメージではまずいですが、
だからといって、必ずしも同じイメージで、
同じ音楽を目指すことはないと思います。

それではただのコピーになってしまいます。

音楽は違うからおもしろい。
その人の個性があるから素敵なのだと思います。

そしてイメージできること、これが何より大切です!

のどかな昼下がりをイメージされたのであれば、夕暮れ時は
その後に表れること、関連性は十分にありますし、最初のイメージから
さらにそこまで発展させていかれては?

イメージの湧かないピアノでは何の楽しみの魅力もありません。

どうぞ五感をフルに使って、
自分のイメージを大切にピアノを演奏してください♪


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。