初心者用チャイコフスキーのピアノ曲とは?

ピアノ初心者TOP > お悩みQA一覧 > お悩み

Q.初心者用チャイコフスキーのピアノ曲とは?

お悩みQA

Q.チャイコフスキーが大好きです。ピアノでも弾いて
みたいのですが、チャイコフスキーのピアノ曲で
初心者でも弾けるようなものはありますか?

(40代 女性)

A.

こんにちは。ご質問ありがとうございます。
チャイコ、私も大大大好きです!!

チャイコといえば、まず思い浮かぶのが
「3大バレエ曲」
白鳥の湖、眠れる森の美女、くるみ割り人形、の三曲です。

バレエの傑作中の傑作ですが、音楽としても最高に美しい!
いい音楽があってこそのバレエですから。

まずは音、音楽。

それらを身体を使って表現するのがバレエです。

おっと、バレエ話に熱くなってしまいました。
本題に戻りましょう。

そして他にも交響曲、(6番の悲愴などは超有名)
コンチェルトなどがあります。

ピアノコンチェルトは、これぞピアコン!という壮大な曲で、

1楽章の冒頭は、クラシックに詳しくない方々でも

「あ~!知ってる」と

思わず言われると思います。

ヴァイオリンコンチェルトはこれまた超有名!

3大コンチェルトの一曲です。

ちなみに3大コンチェルトは

メンデルスゾーン→メンコン、
チャイコフスキー→チャイコン
ブラームス→ブラコン

と呼ばれています。

おっと、また話がピアノから離れて行きましたね。

またまた本題に戻ります。

ピアノ独奏曲は、そう考えると

ショパンやベートーベン、リストのように

これ!というものがすぐに浮かばなかったりします。

が、もちろんないわけではありません。

とても有名なのは「舟歌」

これは「四季」という
12曲からなるピアノ小品があり、その中の一曲です。
 
「四季」はその名の通り1月から12月までの題名がついています。

1月 炉ばたで
2月 謝肉祭
3月 ひばりの歌
4月 松雪草
5月 五月の夜
6月 舟歌
7月 刈り入れの歌
8月 とり入れ
9月 狩りの曲
10月 秋の歌
11月 トロイカ
12月 クリスマス

題名を見ただけで、一年を過ごしたような気持ちになります。

そしてとてもロシアを感じさせる題名、
寒い冬が終わり、春を待ち、ひばりが鳴いて
麦の収穫、そしてまた冬、クリスマスがやってくる、

そんな感じですね。

小品とはいえ、技術的にとても難しく、
初心者でひけますか?と言われれば無理だと思います。

しかし、チャイコフスキーの魅力たっぷりの曲です。

まず聴いて楽しむ、そしていつか弾けるように、という目標にする。

チャイコがお好きなら、
きっとそんな風に楽しんでいただけると思います。

素敵な曲に巡り合うと、人生が変わります!

オーバーではなく、それくらい心に響くのです。

私もそんな曲、いっぱいありますし、その中でも
人生を変えた一曲という、スペシャルな曲があります。

どうぞたくさんの曲を楽しまれてくださいね!


♪簡単にピアノを弾くなら。
♪楽譜が読めなくても、まず弾いてみたいなら。

★そんなあなたに朗報です!★

海野先生のピアノレッスンがあなたの自宅に。

自宅で好きな時間に好きなだけ、海野先生のレッスンを
受けてみませんか?(日本全国どこでも!初心者大歓迎!)

ピアノが上達するヒミツはこちら

「ショパンも弾けた!」もっと上達できるおトクな90日セットをご用意しました。